男からの電話・LINEがしつこい!しつこい男の対処方法3選

興味の無い男性からの執拗な連絡は、困ってしまいますよね。
自分への関心や好意は、有難くうれしいことではありますが、こちらのことを気遣ってはくれないしつこさは考えもの。

そんなしつこい男にはどんな特徴があるのか、どのように対処をすると効果的かを解説いたします。

しつこい男とは?

こちらの事情はお構いなしの執拗な男、それがしつこい男です。
しつこい男は、少なからず相手へ好意を持っています。

好かれたい、もっと知りたい、という気持ちからしつこくなってしまうようです。
しつこくない人というのは、相手の様子を伺い、彼氏がいそうな場合や自分には興味がないと判断した場合には、執拗には追いかけなくなります。

それが世間的には普通です。
ですが、そこで一味違うのはしつこい男です。

しつこい男にとって、こちらの事情はお構いなしです。
何度も何度も連絡をしてきたり、食事に誘ってきたり…なかなかこちらが鬱陶しいと思っていることに気が付かないのもひとつの特徴です。

しつこい男の特徵

連絡が多い

しつこい男は、とにかくあなたとの繋がりを持ちたがります。
それ故に連絡が非常に多いです。

相手から返信が来ても来なくても、頻繁に連絡をしてきます。
また、ひどいときにはLINEスタンプの連打などもあります。

前述のとおり、こちらが迷惑に思っていることなどもあまり気にしていません。
気づいてもらうために、冷たい返信などをしても効果が出ない場合がほとんどです。

多少のことでは気が付いてはくれないのがしつこい男です。

自分に自信がある

しつこい男は自分に自信があることが多いです。
お断りをしても、何度もお誘いがあることがその証拠です。

一度お断りされたら「自分には興味がないのかもしれない」と感じることが一般的ですが、しつこい男は違います。
なぜか「今回は都合が合わなかっただけで次は来てくれる!」という思考に至るポジティブな人です。

ポジティブなことはもちろん悪いことではありません。
長所です。

ですが、人に嫌な思いをさせてしまうようであれば、長所も短所と化してしまいます。
なにごとも、ほどほどが良いのです。

しつこい男は、極端にポジティブなため、異様に自信家であることが多いです。

彼氏のような振る舞い

しつこい男は、彼氏でもないのに、なぜか彼氏のような振る舞いを見せます。
「今どこ?」「何している?」というような、まるで彼氏のような連絡をしてきます。

急に電話がきて、「今どこ?少し会える?」などということもあります。
彼氏のような態度で、女性の予定を把握したがります。

急な呼び出しさえもあります。
あまりに把握しようとされるのは、束縛体質なのかなと誤解をしてしまいますよね。

また、女性の予定を確認するだけでなく、自分の予定や気分などを連絡をしてくることが多いです。
「明日は出張です」「仕事終わったよ!疲れた~」など、特に質問をしていなくても自分のことをマメに連絡してくるのがしつこい男の特徴です。

しつこい男の対処方法3選

興味がないことをハッキリと伝える

しつこい男に限って、女性が冷たい対応をしても、興味がないということに気が付きません。
どんなに冷たくあしらっても、変わらず連絡があり、執拗にお誘いがあります。

それは、こちらが迷惑をしていることなど気が付いていないからなのです。
こちらが迷惑しているかも、などとは考えていないので、気が付けず、結果的にしつこくなってしまっています。

ハッキリというのは、なんだか気が引けますが、これ以上嫌な思いをしないためにもきちんと伝えるべきです。
また、どんなに頑張ってアプローチしても意味がないということを伝えることで、しつこい男も別の女性をきちんと見るようになります。

次にどんな女性へアプローチをするかは分かりませんが、なるべく早く少しでも可能性のある女性へアプローチをする方がしつこい男にとっても良いはずです。

勇気をもって、「彼氏がいるから一緒に食事には行けないです」や「今は仕事に集中したいです」などとお断りをしましょう。

あまりにも酷いときにはブロックをしましょう

きちんと言葉で伝えても分かってもらえずしつこいようであれば、着信拒否とブロックをしてしまいましょう。
LINEであればブロックをするとどんなに送っても既読がつかなくなるので、相手も察してくれるはずです。

しつこいと感じた時には、なるべく早めにブロックをしてしまいましょう。
ブロックするタイミングなどは悩ましいかもしれませんが、しつこい男のためにいつまでも嫌な思いをする必要はないのです。

お互いのためになるべく早めに見切りをつける必要があります。
あまり真面目に対応をし過ぎると、かえって相手の勘違いを招いてしまいます。

脈ありだと勘違いをさせてしまうと、ブロックなどをした際に逆上されてしまいます。
「気があるふりをしていてどうしてブロックするんだ!」等と思われてしまうと、面倒なことになりかねません。

早めの対応を心がけましょう。

職場の人の場合は根回しを入念に!

相手が上司や同僚など、職場の人の場合は事前に根回しをしましょう。
特に上司の場合には、断った後に冷遇されてしまうかもしれないので要注意です。

職場の同期はもちろん、先輩に相談をしておくことでその後何かあった時にも守ってくれるはずです。
たくさんの人に相談しすぎてしまうと、上司の名誉を傷つけることにもなりかねないので、影響力のある先輩を選んで相談することをオススメします。

たくさんの人に話し過ぎると、かえって関係がこじれてしまうことも考えられます。
お断りをした後も仕事に差し支えの無いように相手を選んで相談をしましょう。

しつこい男が同期、もしくは先輩の場合も同じように根回しをしておくことで、その後の仕事への影響が少なくて済みますよ。

まとめ

しつこい男というのは、ポジティブな人であることが多いです。
また、自分に自信があるので諦めも悪く何度もお誘いがある上、連絡も頻繁です。

しつこいと感じたら、なるべく早めに脈がないことを伝えましょう。
お断りをすることは勇気が必要ですが、後々誤解を招いたり、面倒なことになることを避けるために早めに対応をしてくださいね。

職場の人の場合にはきちんと根回しをしたうえで、お断りの言葉を伝えましょう。