好きな女性への告白。成功確率をあげるための告白の仕方は?

好きな女性ができて、自分なりに沢山努力してアプローチをして…次はいよいよ告白、です。
一重に告白と言っても、様々な告白の仕方があります。

どのような方法で、どのような言葉を選んで告白するのかは全て自分自身で決めなければなりません。
告白の成功率を少しでも上げるためには、告白の仕方に工夫が必要です。

相手のことを想う、思いやりも必要になってきます。
告白が成功するか不安という、そんなあなたのために、彼女から良い返事を聞くための告白の仕方を紹介します。

成功確率をあげるための告白の仕方6選

ロマンティックな場所での告白

場所によって、人は心を動かされることが多いです。
砂漠の中で水が湧き、樹木が生えていればオアシスと言われますが、私たちの日常空間にそのような場所があっても日常の一部であり誰も気に留めません。

同じものが同じように置かれていても、その周りの環境次第で私たち人間の捉え方は変わるのです。
告白も同じで、好きな女性が好みそうな場所を選ぶことで告白の成功率も変わってきます。

例えば、夜景の見える高層ビルやイルミネーションの輝く街角、夕暮れ時の浜辺などはとてもロマンティックですよね。
そういった輝くスポットが好きな女性はとても多いです。

キラキラ輝いているような場所ではなくても、その女性の好きな場所であれば、それもロマンティックといえるでしょう。
公園が好きな彼女であれば、大きな公園に行くというのも喜ばれると思います。

「私のことを思ってくれたんだ」と相手に思ってもらうことができれば、告白の成功率はグンと上がります。
「自分のことを思ってくれる人との未来はきっと明るい」と思うことができるからです。

場所選びは、相手の女性のことを想って慎重に行ってくださいね。
相手の女性の好きそうな場所、喜んでくれそうな場所を思い浮かべてみてください。

何気ないいつものデートと同じ場所ではなく、少し特別な場所で告白をすることで、相手の女性の心を掴むことができるでしょう。
その場所が、2人の思い出の場所となります。

暗くなるころに告白

告白といえば時間帯やタイミングもこだわりたいところです。
相手の女性が、よりあなたに親しみを感じやすいタイミングでの告白が成功の鍵。

昼間の告白はアクティブで素敵ですが、夕暮れ時や夜の告白は雰囲気も出て素敵です。
1日が終わりホッとしているころは、交感神経よりも副交感神経が優位になっている頃でもあり、あなたにいつもより親近感がわき心を許してくれるでしょう。

また、深夜帯は情熱的な気持ちになる人が多いといわれています。
溢れる気持ちを抑えられずにポエムを書く人も多いです。

かつての好きな人や恋人に、夜に愛の詰まったメールを送ったことはありませんか?
人は夜になると、情熱的になるので、告白は昼間より暗くなってからの時間が成功率が上がります。

一緒に行ったイベントの帰り道

イベントというと少し大げさかもしれませんが、どんなイベントでもよいのです。
夏であればお祭りやフェスなどが良いですね。

相手の女性の気分が高揚していそうなタイミングでの告白、です。
イベントなどは非常に盛り上がり、帰り道は2人で感想を言いながら良い雰囲気で過ごせているはずです。

そこで、あなたから告白をすることで、高揚したポジティブな気分のまま返事をもらうことができ、成功するのです。
告白の仕方には多くの方法がありますが、この方法はいつものデートの帰り道に使える方法なので、彼女に告白を予感させたくない時にはぴったりです。

多くの告白の仕方は、事前に相手の女性に告白するということが気づかれてしまいますが、イベントの帰り道などであれば自然で身構えられることもありませんよ。

直接伝える>電話>LINE・メール

告白を成功させるうえで鍵となるのは、相手に自分の本気度合いをどれだけ伝えられるかです。
自分の本気度がよりしっかり伝わる告白の仕方を選ぶ必要があります。

一般的に、LINEやメールなどの文面は気軽に書きやすく、「直接自分の言葉では言えないこともLINEやメールでなら言える」と言われます。
気軽なこと、直接言うよりは簡単だという点から、本気度は伝わりにくいです。

電話での告白は、自分の声と言葉で伝えているので直接に近い部分もありますが、相手の女性の目を見ることはできません。
幼いころに、「人と話をするときは相手の目を見なさい」とご両親に教わった覚えはありませんか?

昔から、人間のコミュニケーションは直接相手の目を見て、自分の言葉で、ということが大切にされてきました。
その方法が1番相手の心を動かし、伝えることができるからです。

告白の仕方として、成功する確率があがるのは、直接伝えることです。

前向きな言葉でハッキリと気持ちを伝える

告白の仕方で悩むことのひとつに言葉選びが挙げられます。
どんな言葉で自分の気持ちを伝えるか、なかなか決められないですよね。

言葉選びで悩んだときには、前向きでな言葉を選びましょう。

「幸せにできるかわからないけど…」
「俺と付き合っても楽しいかわからないけど…」

などとネガティブなことを言ってしまうと告白はなかなか成功しません。
自信をもって、決意をもって告白をしましょう。

また、言葉を濁すと気持ちがうまく伝わりません。
照れくさく、恥ずかしいので濁したい気持ちは理解できますが、成功率の高い告白の仕方としては、ハッキリと伝えることをおすすめします。

ハッキリと伝えることで、決断力の強さや、意志の強さをアピールすることができます。

相手の心にゆとりのあるときの告白

告白の時期にもこだわりたいですね。
出会ってから数週間よりは3ヵ月以上が経ち、デートも3回ほど重ねた頃が良いでしょう。

出会ってからあまりにも早い時期でデートも重ねていないと、「私のどこが好きなのかな…」と不安な気持ちにさせかねません。
相手の女性自身があなたのことをまだよく知らずに、返答に困ることも予想されます。

また、日頃からマメに連絡を取り、仕事の状況などもなるべく把握しておきましょう。 繁忙期に告白するのはNGです。
あまりに忙しいときは、心にゆとりがないので、恋愛の気分になれなく断られてしまいます。

仕事が落ち着いている時期を見計らい、告白することで成功確率が上がるでしょう。

告白する時にしてはいけないことはある?

告白するときには、誠意がなさそうに見える言動には注意してください。
告白の言葉を濁してしまうことや、笑って茶化すことなどが挙げられます。

告白というのは、凄く緊張し、照れてしまう場面でもあります。
だからこそ、そういう場面でしっかりとした振る舞いをすることが大切なのです。

緊張や照れに任せてその場をしのごうとすると、あなたの本気の気持ちは相手の女性には伝わりません。
自分の気持ちを精一杯、誠意ある対応で伝えてくださいね。

そうすることで告白の成功する確率がグッと高くなります。