恋愛の駆け引きの成功パターンはこれ!効果的なテクニックをご紹介

恋愛の駆け引きとは?

恋の駆け引きとは恋愛テクニックの1つです。好きな相手となかなか距離が縮まらない…そんなときに有効です。

言い換えれば「恋の押し引き」。押してダメなら引いてみろ 引いてダメなら押してみろという有名な言葉がありますが、まさに恋の駆け引きとはこのこと。

押し引きをうまく使い、2人の関係を進展させるためのテクニックなのです。

駆け引きの成功パターンはこれ!効果的は駆け引きテクニック

他に言い寄ってきている男の存在をアピールした

恋愛の駆け引きで定番なのは、他の男の影を匂わせるテクニックです。

自分の気になる相手が、もし他の異性からもアプローチされていたらあなたはどうしますか?最後のラストスパートで、猛アタック猛アプローチをする人が多いのではないでしょうか?

「いい感じなのになかなか紅白をしてきてくれない」と悩んでいるのであれば、この作戦はかなり効果的です。

「この間から〇〇くんにデートに誘われているんだ〜」など他の男の影を匂わせてみましょう。

「えっ行くの?嫌だ」と遠回しにあなたに好意があることを伝えてくれたり、告白をしてくれるかもしれません。

はじめは押し押しでいって、そのあと素っ気なくした

始めのうちはLINEの連絡や、直接会ったときもたくさん話をしていたのに、いきなり何かの拍子で相手からのアプローチがなくなったら、「あれ?あの人今日も何も言ってこない…。なんかあったのかな?」と思いませんか?

たとえ好みのタイプではなくても、きっと多くの人が1度は気にはなるはず。

これを何回も相手に対して行うことで、気になる相手の心の中の自分の存在を大きくするのです。

存在が大きくなれば、あなたへの興味関心が高まり、いつの間にかその興味関心が恋心へと変わるかもしれません。

駆け引きの成功パターンはこれ!LINE・メール編

一定期間、連絡を返さない

付き合う前から相手に安心感を与えてはいけません。なぜなら、このままの関係が居心地がいいから、このままでいいやと思われてしまうからです。

そのためすでに長い期間連絡を取り合っているのであれば、少しの連絡を返すのを止めてみましょう。

「あれっ。連絡が返ってこない」と焦るはず。「ちょっと友達と遊んでて」などと言って、このままの関係でいることに不安を感じさせましょう。

あなたを独占したいという思いから、関係が発展するかもしれません。

盛り上がってきているところで、一旦止める

楽しみはお預けにするほうが、早く楽しみを知りたくて、欲しくてたまらなくなります。

これと同じでLINEなどの連絡も、盛り上がってきたところで「ママに呼ばれちゃったからごめん」「お風呂はいってくるね」などと止めてみましょう。

そうすることで、彼ももっとあなたと連絡をしたいとウズウズするはずです。

勘違い?逆に痛いよ!駆け引きの失敗談

引きすぎて、距離が空いてしまった

自分が1度引けば相手が気にしてくれると思ったが、引きすぎてしまい、相手との距離が相手しまっうのは、恋の駆け引きでよくあるあるの失敗例の1つです。

ここで注意をしなければならないのは、引くタイミングと引く期間です。

気になる相手にまずは多少なりとも、自分を認知してもらい、ある程度仲のいい関係になってから引かないと、相手が追ってきてくれることはないでしょう。

また引く期間もあまりにも長い時間を開けてしまうと、喧嘩っぽい雰囲気や気まずい雰囲気になってしまうこともあります。

相手との空気を読み、適度な引き具合を見極めましょう。もし追ってきてくれない場合は、追ってきてくれるまで、押し引きを繰り返しましょう。

アピールしすぎて、引かれてしまった

アピールしすぎて、引かれてしまうのも、恋の駆け引きではよくあること。

アピールされたり、追われたりすることに対して、無頓着な人もいますし、嫌いな人もいます。まずは気になる相手が、どんなタイプなのかを見極めることが大切です。

アピールされるのが嫌いそうな人であれば、恋の駆け引きは有効的な作戦とは言えないでしょう。

またそうではない相手だったとしても、やりすぎには注意をしましょう。

まとめ

恋の駆け引きが成功するには時間がかかります。辛抱強く何度も何度も行う必要もあります。しかし上手く言ったときには、とても早いスピードで効果を出すことができるでしょう。

上手く相手の気持ちを察知しながら、いい塩梅の押し引きをしてください。

今は辛いこともあるかもしれませんが、この押し引きをしているときが恋愛をする前の1番ドキドキする楽しい瞬間でもあります。

恋愛を楽しみながら、相手と素敵な関係を気づけるように頑張ってくださいね。