後悔しない結婚相手の選び方。

結婚

結婚相手の探し方

結婚したくても、異性と出会わないことには何も始まらないですよね。
まずは出会いの場に出向いて気になる異性を探すことから始めましょう。

恋したい!出会いの場所や取るべき行動は?

2018.02.16

出会いがない…。異性との出会いを増やしたいときに取るべき行動7選

2018.02.16

同窓会

同窓会

同年代が集まる同窓会は、結婚相手を探すのにもってこいです。

知り合いばかりなので相手の性格がある程度わかりますし、共通の思い出話も多いので、出会ってすぐ会話がはずみますよね。

知らない人と出会うよりもハードルが低いので、同窓会で意気投合してそのまま結婚!なんてことが起こりやすいのです。

全く知らない人とイチから恋を始めるよりも、知り合い同士のほうが親しみや安心感が湧きやすいからだといえるでしょう。

また昔好きだった人と再会して、アプローチしたくなる男女も多いです。
昔の気持ちが思い出されて、気持ちが盛り上がるのですね。

以前は何とも思わなかったけれど、再会したら素敵になっていた。同窓会に行けばそんな人を発見できるかもしれません。

身近な所に出会いの場が無いのなら、同窓会には積極的に参加してみると良いですよ。

友人の紹介

友達・友人

意外と侮れないのが友人からの紹介です。
あなたの性格や好みを把握している友達なら、あなたにピッタリの人を紹介してくれる可能性が高いでしょう。
友人の紹介であれば、どこの誰かもわからない人が紛れ込むこともないので安心ですね。

あらかじめ結婚相手を探しているということや、異性の好みを友達に伝えておくと良いですよ。
ただし友人の紹介の場合は、別れることになった時に引け目を感じてしまいます。
「せっかく紹介してくれたのに悪いな」と思ってしまうのですね。

職場

オフィス
同性しかいない職場でない限りは、必ずどこかで異性との出会いがあるはずです。
社員食堂や打ち合わせ、出張や取引先など、異性と接触するときには良さそうな人がいないかチェックしてみてくださいね。
軽く会釈をしたりアイコンタクトを取るだけでも、続けていればあなたのことを相手に印象付けられます。
職場は仕事をする場所と割り切っている人も多いですが、仕事場での出会いは信頼性が高いですよね。
相手の仕事スタイルもよく分かるので、職場結婚は結婚後にお互いの仕事で揉めることが少ないのです。

職場での脈ありサインを見逃さないで!社内恋愛を成功させるコツは?

2018.02.16

婚活する

まわりに出会いの場が無い場合は思い切って婚活するのがオススメです。
相談員のサポートを受けながら相手を探せる結婚相談所や、複数の異性と一度に出会える婚活パーティーに参加してみましょう。

人気の婚活サイトは?おすすめの婚活サイトランキング5選

2018.03.26

おすすめの恋活アプリランキング3選!それぞれの特徴は?

2018.03.20

婚活で相手に求める条件は?男女で求める条件に差はある?

2018.02.16

婚活方法はどんな種類がある?おすすめの婚活方法は?

2018.02.16

また、婚活サイトに登録すれば、条件や顔写真でじっくり相手を絞ることができます。
デートを決める前にメッセージのやり取りもできるので、いきなり会うのは不安な女性にもおすすめですよ。

婚活の場には結婚願望の高い人が集まっているので、お互いが気に入ればトントン拍子に結婚まで進むことが多いです。

ただし、条件で選べるからといって高望みは禁物。
好条件の人ほど競争率が高いので、あまり夢を見すぎると結婚が遠のいてしまうのです。

高望みしすぎ?アラサー女性の婚活が上手くいかない原因は?

2018.03.22

結婚相手を探すコツ
結婚相手

結婚相手を探す方法は様々です。あなたに合う場所に出向いてみてくださいね。
どの方法で探すにしても、大切なのはいつも恋愛アンテナを張り巡らせておくことです。
たとえば出かけるときは外見に気を遣ったり、普段から打ち込めるものを持って自分を磨いておきましょう。

せっかく結婚相手になりうる人と出会ったのに、こちらが気の抜けた服装で髪の毛がハネていたりしら、せっかくのチャンスも台無しです。

あなたが男性なら、カフェでとびきり好みの女性店員に突然出会うかもしれません。
女性なら、書店で好みの男性から急に声を掛けられるかもしれません。

無人島暮らしでもない限り、どこに異性との出会いが転がっているか分からないのです。
いつどこで異性と出会っても大丈夫なようにしておきましょうね。

失敗しないための結婚相手の見極め方

パートナー候補は見つかったけれど、急いで結婚して後悔したくない。もっと他にいい人がいるかもしれない。
そんな悩みを抱えるあなたへ、結婚相手を見極めるためのチェックポイントをご紹介します。

人間性に問題はないか

Bru-nO / Pixabay

長年一緒に過ごすパートナーを見極めるために、まず外せないのが「人間性」です。
人間性とは簡単に言えば本性のことです。
トラブルが起こったときに怒るのか、冷静に対応するのか。
家族にはいつも優しく接するのか、素っ気ないのかなど、その人の本性を知ることで未来の家庭をイメージすることができますよ。

相手の人間性を知るのに分かりやすいのは、車の運転を見ることです。
普段は穏やかな性格でも、車に乗った途端に口調が荒くなったり車間を詰めようとする人、意外と多いですよね。

そのような人は結婚前は穏やかでも、結婚して自分に都合の悪いことが起こると家族を責めたり感情をぶつけたりします。
どんなに相手のことが好きでも、本性が攻撃的だったり感情のコントロールが効かない人と生活するのは苦しいものです。
情緒不安定な人は浮気にも走りやすいので、結婚相手には心が安定している人をおすすめします。

金銭感覚は似ているか
費用

生活とお金は切り離せないものですよね。
一緒に過ごすにあたって金銭感覚が合うかどうかは、あらかじめチェックしておきたいポイントです。
性格や趣味のちがいは互いにあとから歩み寄ることができますが、金銭感覚は結婚後にすり合わせようとしても難しいです。

金銭感覚は長年の生活スタイルによって決まるものなので、なかなか修正することができないのですね。

自分が無駄だと思うことに相手がお金をつぎ込んだり、どうしてもお金を使いたいところで相手にストップを掛けられたりするのは、とてもしんどいものです。
たとえば夫は勝手にタバコを何箱も買い続けているのに、奥さんが「掃除機を買い替えたい」と言っても良い顔をしなかったら?

奥さんはストレスを溜めてしまいますよね。喧嘩にもなるでしょう。
結婚相手を選ぶときは相手のお金の使い方をよく見ましょう。
また、自分と似た生活スタイルで育ってきた人を選べば、結婚後もあまり違和感を感じずに生活できるはずですよ。

親との関係は良好か
家族

恋愛中であれば、相手の家族と付き合う必要はあまりありません。
しかし結婚となると家族ぐるみの付き合いが生じます。
結婚相手とその親が不仲だと、あなたもギスギスした関係に巻き込まれることになるでしょう。
親との仲が悪いと、介護や相続などで問題が生じたときに大きなトラブルに発展することも。

結婚前に、親との関係が良いかどうかはしっかりチェックしておいたほうが良いでしょう。
また、あなたの両親に対する結婚相手の態度もよく観察しておきましょうね。
あなたが両親にお相手を紹介したときに、打ち解けようとしてくれるかどうか見てください。
実家に連れて行ってもずっと携帯をいじっていたり、あまり会話に乗らないようならば結婚してもあまりうまくいかないでしょう。

飽きない相手か

結婚すればこの先40年、50年と相手と過ごすことになります。
長い人生を共にする相手ですから、途中で飽きてしまうと大変です。
つまらない、何も感じない相手とずっと添い遂げるなんて想像しただけでゾッとしてしまいますよね。
結婚の際はできるだけ飽きない相手を選ぶと良いでしょう。

飽きない相手かどうか見極めるには「相手に尊敬できるところがあるかどうか」考えてみてください。
尊敬できる人に対して、私たちは倦怠感や飽きを感じないものです。
ポジティブさ・優しさ・経済的自立・美しさなど、人によって尊敬ポイントは違ってきますが、あなたなりの考えかたで良いのです。
尊敬できる相手なら大切にしたいと思えるので、いつまでも良い関係をキープできるのですね。

まとめ

結婚したいと思ったら、まずはたくさんの異性と出会うことから始めましょう。
意外と身近な所に出会いのチャンスは転がっているかもしれません。
パートナー候補と出会えたら、相手があなたにふさわしいかどうか慎重に見極めましょうね。
しっかり考えて納得して決めたお相手となら、きっと幸せな関係を築いていけるはずですよ。