彼氏と喧嘩しちゃった…どうすれば上手に仲直りできる?

彼氏と喧嘩 仲直りするには?

自分が悪いなら素直に謝る

喧嘩の原因がどう考えても自分にあるなら、変に意地を張ったりせずに素直に謝るようにしましょう。
お互いに沈黙状態で「彼のほうから声を掛けてきてくれないと気がすまない!」なんて思っていると、仲直りのタイミングを逃してしまいます。
喧嘩をすると「あんな言いかたしなくてもいいのに」「過去のことまで蒸し返された」などと感情的になってしまいがちですが、考えたほうがいいのはなぜ喧嘩になったのかということです。
原因を突き止めることで次は喧嘩に発展させないようにしよう、と気をつけられるのです。
自分のしたことや言ったことに明らかに非がある場合は、先延ばしせず早めに謝ってしまったほうが楽になれます。
どんなにギスギスしていても、ひとこと「ごめんなさい」と伝えるだけでいいのです。
彼も「言い過ぎたかな」「彼女と話せないのは寂しいな」と感じてくれているはずですよ。

クールダウンする時間を作る

喧嘩をすると、お互いにヒートアップしてしまうこともありますよね。
「もう口も聞きたくない、別れたい」なんて言葉がつい出てきてしまったり、相手の顔を見るだけでイライラするケースもあるでしょう。
どうしても怒りが収まらず、冷静に仲直りの話し合いができないと思うときはクールダウンする時間を取りましょう。
お互いにヒートアップしていると、まともな話し合いができません。
仲直りするはずが、さらにわだかまりを大きくしてしまった…なんてことも。
そのような場合はまずお互いに落ち着くことです。
物理的に距離を置いて一人の時間を作り、なぜ喧嘩になったのか、冷静に見つめ直してみましょう。
気持ちが落ち着いてくれば建設的な話ができるようになりますよ。

愛情を込めて「仲直りしようよ」と言う

彼と仲直りしたいという気持ちが強いなら、「仲直りしようよ」とストレートに彼に伝えてみてくださいね。
喧嘩をして不安になっているのはあなただけではありません。
怒っている素振りを見せている彼も、内心では「彼女と別れることになったらどうしよう」「どうやって仲直りしよう…」と気が気でないはずです。
男性にはプライドもあるので、なかなか自分から彼女に歩み寄れない人も多いです。
ですから、あなたのほうから素直に仲直りしたいという気持ちを表現してみてください。
ポイントは、愛嬌を込めて伝えることです。
愛嬌を込めて気持ちを伝えれば「これ以上あなたとぶつかり合う意思はない」ということを彼も汲み取ってくれるはずです。
ただし明らかに彼に非があるときはこの方法を使うと逆効果です。
あなたは悪くないのに「仲直りしたい」と自分から伝えると、都合のいい女に成り下がってしまうので気をつけてくださいね。

彼氏と喧嘩しちゃったら取るべき行動

自分の気持ちを素直に言葉にする

彼氏と喧嘩してしまったら、意地を張らず、自分の気持ちを素直に言葉にすることが大切です。
あなたに非があるのなら素直に「ごめんなさい」と謝り、仲直りしたいのならストレートにそう言いましょう。
本当は仲直りしたいのに「イラつく、もうどうでもいい」なんて発言してしまうと、どんどん関係修復が難しくなってしまいます。
彼が私のことを分かってくれなかった、大切に扱ってくれなかった、と思うとつい拗ねた態度を取りたくなりますよね。
そう思うのなら「寂しい」「大切に扱ってほしい」と正直に伝えれば良いのです。
「どうせ私なんか…」と卑屈な態度を取ると、彼もどうしたら良いかわからなくなります。
素直な態度が、仲直りには一番効きますよ。
どうしても彼の前で素直になれない場合は、SNSなどで自分の気持ちをつぶやいてみてください。
喧嘩をしてお互い沈黙状態になったとき、彼女のSNSをチェックする男性は多いです。
「彼女どうしているかな…」と気になってしまうものなのです。
そこで、彼の名前を挙げなくても良いですから「仲直りしたい、寂しい」と書き込むと、かなりの率で彼氏に読まれます。
彼も仲直りを望んでいれば、すぐにでも連絡が来るはずですよ。

手料理で仲直り

喧嘩をしてギスギスした雰囲気になってしまったら、手料理を振る舞うのも一つの手です。
彼の大好物を作ってあげた途端、彼の機嫌がコロッと良くなった、という経験をしたことのある人は多いはずです。
人は食事をして満腹になると気分が良くなります。
お腹がいっぱいになれば、それまでの怒りを持続できなくなるのです。
振る舞われたのが自分の大好物であれば、なおさらイライラし続けることなんてできませんよね。
食事をしている間なら喧嘩中でも会話しやすいですし、さりげなく「ごめんね」と伝えやすいものです。
謝るのが苦手なカップルには特にこの方法がおすすめです。
彼も「やっぱり自分には彼女しかいない!」と思い改めてくれるでしょう。

別れにつながるNG行動

ずっと機嫌を治さない

喧嘩するとしばらくの間は「許せない、顔も見たくない」と相手に対してイライラしてしまうものです。
しかしずっと不機嫌でいると、別れにつながりやすくなります。
一つのことでいつまでもムスッとしている人は、見ていて印象が悪いですよね。
何度謝っても怒ったままだったり話に応じてくれない相手には、誰しも愛想を尽かしたくなるのです。
どんなに喧嘩でヒートアップしたとしても、ある程度時間が経ったら気持ちを切り替えることが大切です。
怒りを持続させることより、冷静に話し合う姿勢を見せるようにしましょうね。

何度も話しを蒸し返す

仲直りして喧嘩に決着がついたのに、後になってから「あのときヒドイこと言ったよね」「ほんとにムカついた」などと話しを蒸し返すのはやめましょう。
いつまでも過去のことを思い出して責め続けてしまうと、彼は気分を害してしまいますし、あなたに信頼されていないと感じます。
何より話しを蒸し返されるとイラッとしてしまいますよね。
彼にひどいことをされたという記憶はなかなか消えないかもしれません。
しかし終わったことにこだわり続けていても、何も変わらないのです。
喧嘩に決着が付いたなら、きっぱり気分を切り替えたほうがあなたの彼も楽になれるはずですよ。

喧嘩ばかりの彼氏とは別れるべき?

喧嘩する度にひどく傷ついているのなら

喧嘩する度に彼に責められたり、心無い態度を取られて傷ついてはいませんか?
嬉しいよりも悲しい思いをすることが多かったり、いつもあなたが謝ることを求められているのなら、二人の関係を見直した方が良いでしょう。
喧嘩ばかりでつらいことのほうが多いなら、彼とは別れて新しい人を見つけるという道もありますよ。
喧嘩ばかりの恋をしていると、女性は不安定になりやすいです。
「私には彼しかいない」「彼より素敵な人になんて出会えるはずがない」と、どうしてもネガティブ思考になってしまうはずです。

しかし現実は全くの逆です。
喧嘩ばかりの彼と別れて、今までのことが嘘だったかのように幸せな恋愛を手にする女性は多いです。
彼女たちは口を揃えてこう言います。
「あんなヒドイ彼氏、別れて本当に良かったー!」と。
男性は星の数ほどいます。
少し外に目を向けてみれば、あなたを幸せにしてくれる男性と出会えるかもしれませんよ。

喧嘩の度に絆が深まるのなら

喧嘩する度に怒りっぽくなくなったり、物事を冷静に考えられるようになったり。
互いが成長できていると感じるのならお付き合いを継続することをおすすめします。
喧嘩の度に絆を深められる二人なら、末永く良い関係を築いていけるはずですよ。
喧嘩をきっかけに身だしなみに気を遣うようになったり、掃除をするようになったり、相手を思いやれるようになるカップルは多いです。
ぶつかり合うことは決して悪いことではないのですね。

まとめ

彼氏と喧嘩すると落ち込んでしまいますが、不安でネガティブな気持ちになるのはあなただけではありません。
冷静に喧嘩の原因を考えたり、自分が悪ければ素直に謝ることで、スムーズに仲直りできるはずですよ。