彼女と喧嘩してしまった…。彼女と喧嘩した時に仲直りする方法5選

彼女との意見や考え方の相違から、喧嘩に発展してしまうことってありますよね。
彼女のことを嫌いなわけではなくて、大好きでも、付き合いが長くなれば意見が一致しない時も出てきます。

そんなときは、その日のうちに解決しましょう。
その日のうちに仲直りをすることで、今後2人の関係をより良くすることができます。

翌日に持ち越してしまうと、喧嘩の本当の原因が明確でなくなってしまうことが多く、解決できなくなってしまいます。
大人になり、素直に謝ることが苦手になってしまった、そんなあなたに、彼女と喧嘩した時に仲直りする方法をご紹介いたします!

彼女と喧嘩した時に仲直りする方法5選

少し時間をおいてから話を聞いてみる

女性は特に、感情が高まりやすい生き物です。
喧嘩をしてすぐには、気持ちや考えの整理ができていなく、感情が高ぶっているままのことが多いです。

そこでもう一度同じく自分の意見を伝えてしまうと、火に油を注ぐことになりかねません。

話を聞いてみることはすごく大切なのですが、話を聞くことと同じくらい、そのタイミングを見計らうことは大切です。
彼女が、いつもの落ち着いた様子を取り戻しているか、よく観察をしましょう。

いつもの落ち着いた様子の彼女に戻っている場合には「もう一度、話を聞かせてくれないかな?」と慎重に尋ねてみてください。
冷静になった彼女の意見を聞いて、もう一度自分の考えもまとめることで、解決の糸口が見えてくることでしょう。

解決へとつながれば、お互いの理解度は更に深まり、より良い関係を築いていくことができるはずです。

相手を肯定したうえで、自分の考えを伝える

喧嘩の最中は、お互いに相手の良くない部分を見て指摘しがちです。
そういった指摘が続くと、「本当に私のこと好きなのかな」と彼女を不安な気持ちにさせてしまいます。

喧嘩をするということは、お互いが自分のことを理解してほしい、自分の考えも汲んでほしいという気持ちのぶつかり合いで、決して悪いことではないはずが、喧嘩に伴って相手の悪いところを次々と指摘してしまうことで関係性の悪化に繋がります。

彼女と喧嘩をしてしまった時には、良くないところを指摘していくのではなく「こういうところは好きだけど」と前置きで、彼女の良いところを伝えた上で直してほしいところや自分の考えを伝えるようにしましょう。

最初に肯定の言葉が入ることで、彼女も安心して話を聞くことができ、その後の言葉も心に響きやすくなります。

この時に注意すべきことは、相手を肯定したからといって、その後指摘をするときの言葉選びをぞんざいにするのではなく、指摘の際の言葉選びにも気をつけましょう。女性はデリケートな生き物です。

あなたからの少しの指摘でも、ショックを受けやすいものです。なるべく柔らかい言葉を使って伝えましょう。

彼女の気持ちを想像し理解に努める

彼女と喧嘩をしたということは、少なからずあなたも悲しい気持ちになったり、腹が立ったりとしたと思います。
彼女も同じです。

喧嘩の原因を思い出し、彼女はどういった点で嫌な思いをしたのか想像をしてみてください。
男性と女性は、考え方の違う別の生き物です。意識的に彼女の気持ちを想像しないと、なかなか理解が及びません。

大切な彼女だからこそ、どうして嫌な思いをしたのかを想像してみてください。
少しでも、自分にも非があると感じたら、すぐに謝罪しましょう。

彼女とあなたの非の度合いではなく、少しでも自分の非を感じたら謝ること、これが大切です。
「自分にも非があるけど、彼女の非の方が大きい」という考え方はナンセンスです。

非の大きさではなく、非があるかないか、なのです。
非があるとしたらその大きさは全く関係ない、ということを忘れないでください。

ちょっとしたプレゼントを用意し感謝の気持ちを伝えた上で、もう一度話す

女性は傷つきやすい生き物です。
喧嘩の中で、あなたに少しでも自分を否定されてしまうと「私のことが好きではなくなったのかな」と、一気に落ち込んでしまいます。

そんな彼女へ、小さな花束など、なにかプチギフトを用意し渡してみましょう。
彼女のために、何かを用意してくれたという気持ちから愛情を感じ、心を開いてくれます。

そこで、もう一度自分の気持ちを伝えると理解してくれるはずです。
喧嘩をすると、感情的になってしまい、全てがネガティブに捉えられてしまいます。

その負の連鎖を止めるために、プチギフトは効果的なアイテムです。
あまり高価なものではなくて、あくまでいつもの感謝の気持ちを伝える程度のプチギフトにしましょう。

手紙を書いてみる

彼女に手紙を書いたことはありますか?
彼女からもらったことのある人は多くても、あげたことのある人は少ないのではないでしょうか?

現代では、LINEやメールなどで連絡を取ることが多く、手紙を書くことやもらうことはほとんどありませんよね。
だからこそ、喧嘩をした時こそ手紙で思いを伝えてみてください。

手紙は、書く人によって文字の大きさや形が違います。
そんなところから、人間らしさや温かみを感じます。

彼女へのいつもの感謝の気持ち、好きという気持ちを手紙で伝えてみましょう。
そうした上で、喧嘩の謝罪や、自分の考えや気持ちを再度伝えましょう。

最初に相手への感謝や愛を言葉にして伝えることで、彼女の心を開くことができます。
手紙だからと言って乱暴な言葉遣いなどはしないように気をつけてください。

丁寧に愛を込めて書くことで、気持ちが伝わるはずです。

逆にしてはいけないことは?

横柄な態度で自分は悪くないとアピールをする

彼女と喧嘩をしてしまった時というのは、彼女に一方的に非があるということはまずありません。
彼女にも、そしてあなたにも非がある場合がほとんどです。

そんななか、自分の考えを改めようとせずに横柄な態度をとることは彼女をがっかりさせてしまいます。
今一度、自分自身を見つめなおしてみましょう。

そしてどんな場合でも自分は悪くないと誇示するような横柄な態度を取ることはしないでください。
仲直りからは遠ざかり、お互いを更に理解し合う機会を失ってしまいます。

もちろん、物などに当たることもマイナスの印象になるので、気をつけてください。

考えのまとまっていない状態で謝る

とにかく彼女との喧嘩を終わらせたくなると、原因を突き止めていないのに謝ってしまうことがあります。
怒っている彼女を見たくないから、など、理由はあるとは思いますが、きちんと理解をした上で仲直りをしたいと考える女性がほとんどです。

考えがまとまらず、喧嘩の原因が分からない状態で謝ると、かえって逆効果です。
「どこが悪いと思ったの?」と質問された時の答えられずに沈黙してしまいます。

少し時間がかかってしまっても構いません。
お互いをよく理解し合うためにも、彼女の言い分や喧嘩の原因をよく理解し、考えがまとまってから話をしましょう。

きちんと考えがまとまっていれば、建設的な話し合いをすることができ、お互いにとって良い方向へと進むことでしょう。
喧嘩は、今後のより良い関係のための機会です。

面倒な気持ちになるときもあると思いますが、良く向き合って解決に努めましょう。

過去のことを持ち出す

一度彼女と喧嘩になると、過去の喧嘩の話などを持ち出してしまうことがあります。
お互いに感情が高ぶっていると尚更、起きやすいことです。

過去の話が出てきてしまうと、喧嘩の本筋が見えなくなってしまい、結果的に解決の方向が見えなくなります。
また、過去のことというのは誰しも記憶があいまいなものです。

言った、言わない、の水掛け論にもなりかねません。
過去の喧嘩の際に、腑に落ちないままでいると、出てきてしまうこともありますが、そこはグッと堪えるときです。

今話し合うべきこと、理解し合うべきことの本筋から外れてしまわないようにしましょう。
話し合いをするべき時にお互いが納得のいくように話し合いをすれば、今後の喧嘩の中で過去のことが出ることはないでしょう。

腑に落ちないままにしておくと、今後も喧嘩の際に頭によぎってしまうので、彼女と喧嘩になったときには、ひとつひとつ面倒くさがらずに向き合い解決していきましょう。

感情的になる

男性は女性よりも体が大きく、声も大きいことがほとんんどです。
そんな男性が感情的になり、怒っている姿は彼女にとっては恐怖です。

人は誰しも、感情が高ぶれば大きな声を出してしまいます。
男性の場合は体が大きいために、その声も大きくなりがちです。

彼女を怖がらせてしまっては、建設的な話し合いにはならないので、冷静でいるように注意しましょう。
感情的になってしまったときには、言葉選びも雑になりがちですので、言葉の選び方には普段上以上に気を配ってください。

もし、感情的になりそうな場合は一度話し合いを中断し、新鮮な空気を吸いにいくなどしましょう。
深く呼吸をすることでいつもの冷静な自分を取り戻すことができます。

まとめ

彼女と喧嘩するということが、すごく悪いことということではありません。
お互いの遠慮が減り、より自分のことを理解してほしいと思うようになった証拠です。

喧嘩をきちんと解決できるかどうかは2人の今後の関係性に大きな影響を及ぼします。
相手への思いやりの心を忘れず、素直な心できちんと向き合いましょう。

愛し合う2人であれば、解決できます。
彼女との関係がより良いものとなりますように。