俺の彼女可愛すぎ…彼女が大好きすぎる彼氏の特徴

彼女が大好きすぎる彼氏の特徴

甘えんぼう

彼女のことが好きすぎてたまらない。彼女のことが常に気になってしまう…。
そんなふうに彼女にベタ惚れになりやすいのは、甘えんぼうで寂しがりやな彼氏です。
一人でいると寂しさを感じやすいので彼女の存在をいつも感じていたいのですね。

男性の多くは単独行動を好みますが、中にはいつも誰かとつながっていたいという人もいるのです。
このタイプの男性を彼氏にすると、連絡が頻繁に来たりデートではよくボディタッチされたりします。
会ったときには思い切り甘えさせてあげると良いでしょう。
しかしあなたが「しつこいな」と思ったときにはハッキリ意思表示してくださいね。
何もかもを許していると、甘えがエスカレートしてくるのもこのタイプの特徴です。

束縛したい

彼女が何をしているのかいつも把握していたいし、できるだけ彼女を自分のそばに置いておきたい…。
そのように大好きな気持ちを表現してくるベタ惚れ彼氏も存在します。
彼女が友達と出かけると誰といるのか聞いてきたり、休みの予定をいち早く確認しようとしたり。
束縛気味な行動を取るのがこのタイプの特徴です。

彼女が好きすぎるあまり、彼女のことなら何でも把握したいと思うのですね。
このタイプは自信が欠けている人も多く「いつか彼女が離れていってしまうかも…」という不安から束縛気味なことをするのです。
あなたが彼を「可愛いな」と思えるのならそれで良いでしょう。
しかし束縛されすぎて窮屈だなと感じるのなら、イヤなことはイヤとはっきり伝えることが大切です。

愛情表現がストレート

「○○が世界一好きだよ」「手放したくない」といったセリフをさらりと伝えることも、彼女にベタ惚れしている彼氏は得意です。
多くの男性が照れくさくて言えないようなことも、まるで外国人のようにストレートに伝えられるのです。
「好き」「愛してる」などとストレートに言ってもらえるのは女性からすれば嬉しいですよね。

愛されている実感が湧くので、このタイプの彼氏を持つと二人の仲はどこまでもラブラブになります。

男性が大好きな彼女にしかしない行動

頼んでいないのに次々とサプライズする

「誕生日にはこのブランドのバックがほしい」「テーマパークに連れて行ってほしい」などと自分のしてほしいことを彼に伝える女性は多いですよね。
男性の多くははっきり意思を伝えないとなかなか動いてくれないものです。

しかし彼女にベタ惚れしている男性は、なにも頼まれなくても自発的にプレゼントを買ってきたりサプライズを計画します。
特に誕生日でもないのに小さな贈り物をプレゼントしたり、彼女に内緒でプチ旅行を計画したりするのです。
彼女が大好きすぎて、常に喜ぶ顔が見たいと思って行動しているのですね。

もともと男性は「好きな人を喜ばせたい、驚かせたい」という欲求を持っています。
彼女が喜ぶ姿を見て、彼も癒やされているのです。
女性側が受け取り上手になるだけで、彼に勝手に動いてもらうことができるようになります。
彼がコンビニのアイスを買ってくれた、というような小さなことでも大喜びしてあげると良いでしょう。

マメに連絡する

彼女が好きすぎる彼氏は連絡がマメです。
彼女からはほとんどメールを送らなくても、次々と話題を振ってきたり次のデートの相談を持ちかけてきたりします。

「彼女を手放したくない」という思いから、常につながりを求めたくなるのでしょうね。
また、彼女に嫌われたくないという思いから、絵文字やスタンプを使って会話を盛り上げようとします。
世の中には「彼氏から連絡が来なくてつらい…」と悩む女性が多いです。

 

どちらかと言うと男性はメールや電話が苦手で連絡不精な人の割合が高いのです。
しかし、このタイプの彼氏を持てばそんな心配は不要です。
彼女が努力しなくても、彼氏からどんどんアプローチが来るのは楽ですよね。

何としてでも会おうとする

仕事でも学校でも男性には忙しい時期が必ずありますが、彼女が大好きすぎる彼氏は、なんとしてでも会う時間を確保しようとします。
ほんの少しでも空き時間があれば彼女のところに会いに行きたいと思うのです。
遠距離恋愛で少しの時間しか会えないと分かっていても、労力をかけて彼女に会いに来ます。

 

交通費や時間的な負担がかかったとしても、彼女に会って癒やされることが一番の喜びなのでしょう。
彼女にベタ惚れしている彼氏は、友人との遊びや飲み会など二の次です。
彼の休日予定のほとんどがデートであれば「彼女が好きすぎる彼氏」で間違いないでしょう。

彼氏に「大好き」と思われる彼女になるには?

明るい雰囲気

一緒にいて元気になれる、笑顔が可愛い。
そのような彼女ならいつまでも一緒にいてほしい!と男性たちは思うものです。
彼が仕事で疲れているときや人間関係が上手くいっていないときも、明るい笑顔で迎えてあげましょう。
笑顔や会話で彼の気分を明るくしてあげられれば、きっと「ずっと一緒にいたい」と思ってもらえるはずですよ。

ときにはストレートに「会いたい」「寂しいな」などと甘えてみたりするのも良いでしょう。
いつも明るくて気丈な彼女が急に甘えてくると、彼は「可愛いな」と感じキュンキュンしてくれるはずです。

自分を持っている

デート中「何食べたい?」と聞かれて「なんでもいい」なんて答えたりしていませんか?
自分の意見がなく、いつも人に従っている女性は付き合いづらい印象を与えてしまいます。
何を考えているのか分からず「どうでもいいってことなのかな…」と相手は不安を感じてしまうのですね。
一方、自分の意見をしっかり持っている女性は男性から好かれます。

多少ワガママかな?と思っても「イタリアンのレストランに行きたい!」などと伝えてあげたほうが彼は楽なのです。
意思がハッキリしている女性はまわりからも魅力的に見えます。
彼に配慮することは大切ですが、自分の気持ちは積極的に伝えたほうが愛されるのです。

打ち込めるものがある

仕事や趣味など、打ち込めるものを持っている女性はキラキラ輝いて見えますよね。
一人の時間を楽しめるので、自立しているとも感じられます。
また、趣味を彼と共有することもできますし、色々な知識がある分会話もはずみます。
内面から輝いていることで、彼の気持ちをグッと惹きつけていられるのです。
打ち込めるものが無い女性は、集中できることが恋愛しかありません。

いつも彼のことで頭がいっぱいなので、よく不安定になったり依存的になったりします。
そのような彼女だと、彼は付き合ううちに「一緒にいるのがしんどい」なんて思ってしまいますよね。
恋愛一辺倒になると重たい女になってしまいます。
打ち込める趣味などをつくり、彼に頼り切りにならないようにしたいですね。

聞き上手

彼と会話するときは聞き役に回ってみてください。
お喋りするとき、女性はつい「私の話を聞いてほしい」「わかって欲しい」と思うものですが、女性の話しに付き合うのは男性にとって実は負担なのです。
「彼女の話は長いし、意味がわからない」なんて彼に感じさせてしまうと良い関係を築けません。
ですから会話のときは彼の話を聞くことにも意識を巡らせてみてくださいね。
男性にも話したいという欲求はあります。

「俺はこんな仕事を頑張ってる」「過去にこんなすごいことをした」と武勇伝を語りたがる男性は多いですよね。
そんな彼らの話に共感し「すごい!」と言ってあげれば男心を簡単にくすぐることができるのです。
「自分のすごさをわかって欲しい」「褒められたい」という気持ちを満たしてあげれば、彼の好意は一気に増すはずですよ。

まとめ

彼に「大好き」と思ってもらうためには、日頃から自分を磨いたり笑顔を心がけることを忘れずにいましょうね。
自分の意思をしっかり持ちながらも、彼の気持ちに配慮できることも愛される秘訣ですよ。