女性必見!セックス中に彼氏にエロいと思ってもらう方法

 

やっぱりエロいと思われたい…

女性ならばやはり「大好きな彼氏からエロいと思われたい!」という願望があるでしょう。

セックス中は意識しなくても自然とエロさが出ることが多くなりますが、意識するとより自分のエロさを強調することができるのでおすすめです。

 

今回は、セックス中に彼氏にエロいと思ってもらうコツやポイントなどをご紹介していきましょう。

特に自分のセクシーさに自信がない…という女性はどの参考にしていてくださいね。

 

彼氏にエロいと思ってもらえれば、二人の関係性もどんどん深まってより愛される女性になれるはずです。

 

彼氏がエロいと思う所作①色々な場所を舐める

エロい女性はとにかく色々な場所を舐める傾向があります。

キス一つにしてもただただ唇を重ね合わせるのではなく、彼氏の唇を舐めたり下を吸ったりしてよりエロいものにしていくのです。

 

舌使いというのは、エロいセックスをする上で欠かせない要素となってくるでしょう。

エッチしている最中も、極力彼氏の色々な場所を舐めるようにしてみてください。

 

ディープなキスから始まって首筋や胸お腹など色々な場所を舐めていけば、エロい女性を演出できるはずです。

また彼氏の指を舐めてあげるのもエロさをアピールできていいんじゃないでしょうか。

 

彼氏がエロいと思う所作②優しく爪を立てる

彼氏に少し M っ気があるようなら、優しく爪を立てるという所作もエロさが際立つのでおすすめです

例えば2人でハグして行っている時に、彼氏の背中にツンと優しく爪を立ててみてください。

 

彼氏にちょっとした刺激をを与えることができて、セックス中のスパイスになると思います。

このようにちょっとした女性の S っぽさを出すことでエロさにつなげていきましょう。

 

特に普段ほわほわしたような印象の女性は、セックス中に少し攻めの姿勢を見せるだけでぐっとセクシーになります。

普段とは違う自分というのをエッチの最中に見せるのも、エロさを出す上で重要になるのです。

 

彼氏がエロいと思う所作③「もっともっと」とせがんでくる

セックス中にもっともっとと欲しがるような仕草を見せる女性は、とてつもなくエロい男性の性欲をどんどん掻き立てていきます。

男性はエッチ中の女性の反応にとても敏感です。

 

自分が愛撫したりピストンしたときに、女性がちゃんとを感じてくれているかどうかは逐一見ています。

男性が女性に奉仕してくれた分女性は、しっかり反応として返さなければいけません。

 

この時におねだりするようにもっとという反応を見せてあげると、よりエッチな自分の一面を見せることができます。

特に息を切らしながらや目を潤ませたりしてせがむと、男性の脳内興奮度はぐっと高まっていくでしょう。

 

彼氏がエロいと思う所作④男性の乳首をいじってくる

女性の胸を愛撫したり乳首をいじめたりする男性は多いですが、その逆はあまり見られませんよね。

女性の中でも男性の胸をセックス中にいじる人というのはあまり多くないと思います。

 

セックス中に男性の胸…特に乳首をいじる女性の仕草はとてつもなくセクシーなのでどんどん取り入れてほしいです。

男性としても乳首をいじられるということがおそらくほとんどないので、セックス中に女性にいじめられるととことん興奮してしまいます。

 

より非日常感が出て、女性に対してもエロさを感じる仕草です。

男性の性感帯も開発できるいい機会なので、彼氏にエロいと思われたい女性はどんどん乳首をいじっていくようにしましょう。

 

エロい言葉でどんどん彼氏を興奮させよう

彼氏にエロいと思ってもらう所作についてお話ししましたが、次はエロさを醸し出す言葉についても触れていきましょう。

セックスにおいて言葉のやりとりというのはとても重要で、決しておざなりにしてはいけない要素です。

 

あくまでエッチというのはパートナー間のコミュニケーションなので、ただただ快楽を求めるのではなくお互いエロい言葉を使ってスキンシップをとっていきましょう。

女性がセックス中にエロい言葉を発すれば、男性もどんどん興奮度を高めていってくれるはずです。

 

どんなことを言えば男性はより女性のことをエッチとなっと思ってくれるのでしょうか。

男性がエロいなと感じる言葉について勉強していきましょう。

 

「大きくしてあげようか?」という直接的でないエロい言葉

エロい言葉というと直接的なワードを使えばいいと思いがちですが、実はダイレクトな言葉を使わない方が雰囲気が出てよりエロさが引き立ちます。

例えば前戯の時に男性に対して「大きくしてあげようか?」と小首を傾げて行ってみる…。

 

直接フェラしたい手でしごきたいなど伝えるよりも、こういった間接的な言葉の方が男性の下半身を熱くするのです。

日本人男性は想像力が豊かなのでダイレクトのエロいワードだけでなく、こうした含んだようなセリフでもどんどん興奮することができます。

 

なのでエロいセックスをしたい方は、間接的なセリフを多用してみてください。

男性も知らず知らずのうちに興奮してセックスを体の内側から盛り上げることができるでしょう。

 

M っけのある男性には少し責め立てるような言葉

彼女に責められたいという願望を持っている M っけのある男性に対しては、恥ずかしさをかきたてるようなセリフを投げかけてあげましょう。

例えば興奮して勃起している男性に対しては「すごく大きくなってるよ」「もうビンビンだよ」など、羞恥心を煽るようなことを言ってください。

 

男性としても自分が性的に興奮していることはわかっているのですが、それをあえて彼女に指摘されると羞恥心が高まり性的興奮につながるのです。

また責め立てるような言葉だけでなく、手でペニスを擦るような動作を一緒にするとよりあなたのエロさが伝わるでしょう。

 

体位のおねだりをする

セックスがどうしても男性主体になりがちですが、女性も遠慮しないで自分のやりたいことやしたいことをアピールするのがおすすめです。

特に体位のおねだりをすると、エロさがより演出できていいと思います。

 

「次はバックがしたい」「次は騎乗位であなたに乗りたい」など、自分のしたい体位をおねだりするように彼氏に告げてみてください。

彼氏としても彼女に体位をねだられたら、大きな興奮を覚えるはずです。

 

もちろん体位だけでなく他にもやってほしいことややってみたいことがあれば、セックス中でもどんどんおねだりしていきましょう。

 

相手の名前を何度も呼ぶ

やはりセックスというのはコミュニケーションなので、どんどん言葉のやり取りをするのがおすすめです。

より愛情を深めるためには相手の名前を呼んであげるというのがベター。

 

特にピストンされている時に相手に助けを求めるように名前を呼ぶと、彼氏の興奮も高まっていいんじゃないでしょうか。

自分にしがみつきながら何度も名前を呼んでくれるような彼女に対して、エロいと思わない男性はいないはずです。

 

セックス中にはどんどん相手の名前を呼んで、絆を深めていけるといいですね。

自分が彼氏の名前を連呼することで相手の自分の名前を呼んでくれるようになるでしょう。

 

「いや」という言葉もセックスのスパイスになる

嫌よ嫌よも好きのうちという言葉があるように、セックス中に「ヤダ…」「イヤ…」という言葉を発するのが一種のスパイスになる可能性もあります。

つまり本当に嫌とは思っていなくても、そう言った言葉を発することで男性は女性の抵抗している姿にキュンときてしまうのです。

 

抵抗するような言葉を発しているにも関わらず体は全く嫌がっていないという状況が、男性をよりエッチな気分にさせていきます。

嫌がるような女性の言葉も、セックス中にはスパイスになって雰囲気をどんどんエロくしてくれるでしょう。