セカンドパートナーって何?持つメリットは?

最近流行りのセカンドパートナー

恋人や配偶者がいる男女の中でセカンドパートナーという存在を作る人たちが増えているそうです。

メディアでもよく取り上げられるようになったこのセカンドパートナーという言葉ですが、正しい意味をご存知でしょうか?

 

セカンドパートナーとはその名の通り2番目の相手、つまり恋人や配偶者の次に愛している人の存在を指します。

この愛しているということの定義がなかなか難しいのですが、セカンドパートナーへの愛は恋人や配偶者に対する愛の種類とほぼ同じです。

 

友人や職場の仲間 などに感じるような愛情とは違い、性欲に直結するような愛情なことを言います。

 

どうしてセカンドパートナーが必要なのか

すでに恋人や配偶者がいるのであれば、セカンドパートナーは必要ではないのではないかと思われる方も多いでしょう。

一番愛している人がいながらあえて2番目の存在を作るというのは、どのような感情がきっかけになっているのか、 そこには男女の様々な思惑が繰り広げられています。

 

セカンドパートナーを作る理由は人それぞれですが一番多い理由としては、いつまでも恋人気分を味わいたいというものが多いようです。

長く付き合ったり結婚したりすると、付き合い始めの新鮮な感情がどんどん失われて行ってしまいます。

 

新鮮味と引き換えに安心を手に入れたと考えればいいのですが、それでは満足できない人たちもいるのです。

そういった人たちはセカンドパートナーを作ることによって、恋人がいる楽しさや刺激をそこから供給してもらうというわけです。

 

恋人や配偶者とできないことをする

セカンドパートナーと具体的にどんなことをするかというのも人それぞれです。

中には恋人や配偶者となかなかできないようなことはセカンドパートナーとするという人もいます。

 

それは主にセックス中のプレイなどにおいてすること。

例えば過激な SM プレイなどは やりたくてもなかなか相手に要求しづらいですよね。

 

そういった場合はセカンドパートナーにお願いして、その欲求を満たしてもらうということも多々あるようです。

いわゆるアブノーマルなプレイをセカンドパートナー と楽しんで、性欲を解消するというパターンもよく見られます。

 

それってセックスフレンドじゃないの!?

ここまで説明したセカンドパートナーの概要を聞くと、それってただのセックスフレンドじゃんと感じた方もいいでしょう。

率直に言ってしまえばセカンドパートナーというのはほぼセックスフレンドと同義。

 

倫理観のある方からしたら、セカンドパートナーのセックスフレンドも全く同じでどちらも受け入れがたい存在だと思います。

しかしもっと詳細に両者を見ていくと細かい部分で相違があることに気づきます。

 

セカンドパートナーがいる方で体の関係を持っている人が大半ですが、第一の目的は性欲の発散ではないと考えている方が多いのです。

精神的な繋がりがメインで、あくまで不足品として体の関係があるとするのがセカンドパートナー。

 

セックスがしたいからセカンドパートナーを作るというのは主目的からそれてしまうので、あまりふさわしくないようです。

 

セカンドパートナーを作るとどんなメリットがあるか

セカンドパートナーがいることによってどんな利点を感じられるようになるのでしょうか。

恋人や配偶者からは受けられないような恩恵を感じることができるのがセカンドパートナーという存在です。

 

セカンドパートナーを作るメリットについてひとつひとつご紹介していきましょう。

 

セカンドパートナーを作るメリット①生活にメリハリが出る

長く付き合っている恋人がいたり結婚したりすると、どうしても配偶者に対してときめきのようなものが失われてしまいます。

これは脳が相手の存在になれてしまうので、だんだん一緒にいてもドキドキできなくなるのです。

 

恋人や配偶者が大切でないわけではないですが、恋を知っている対象からは外れてきてしまいます。

セカンドパートナーを作ると、こういった恋をする気持ちや心がときめくような感情が戻ってくるようです。

 

心に常にドキドキを持っているので生活していてもメリハリが出てきます。

セカンドパートナーがいることによって、仕事を頑張れたり家事を張り切ってできたり…というのがメリットになるようです。

 

セカンドパートナーを作るメリット②恋人や配偶者に対して寛容になれる

一緒に生活しているとどうしても不和や軋轢が出てきてしまいます。

恋人も配偶者もつまるところ他人ですから、一緒に生活していてうまくいかないことやイライラすることも出てくるのは当然です。

 

こういった生活上のストレスのはけ口として、セカンドパートナーを利用するというのも手段としてあります。

恋人や配偶者とうまくいかなくても、「このあとセカンドパートナーとデートする予定がある!」というだけで心に余裕が生まれていくのです。

 

精神的にゆとりが出てくると、多少同居人とうまくいかないことが出てもそれを許せるようになります。

このようにセカンドパートナーの存在というのは、恋人や配偶者に対して寛容になれるきっかけでもあるのです。

 

実際にセカンドパートナーを作ってから恋人との関係や家庭内の空気が良くなったと言っている方もいます。

 

セカンドパートナーを作るメリット③若々しい心と身体を手に入れられる

セカンドパートナーに対するどきどきやときめきというのは、私たちが若い時に感じたあの初々しい気持ちとほぼ同じです。

アラサーアラフォーになってもこのような気持ちを手にできるというのはなかなかできない貴重な体験。

 

セカンドパートナーがいることによって心も体も若くいられる、というのも大きなメリットになるのではないでしょうか。

セカンドパートナーの年齢がそれほど若くなくても、自分自身がときめきを感じて行動できるので、キレイになったり体型に気を使ったりするようになります。

 

いつまでも美しくいたいと感じ、セカンドパートナーを作るようなマダムもいるんだとか。

 

法律的にはどうなの?セカンドパートナーの存在

セカンドパートナーと言うと聞こえはいいですが、客観的にその関係性を紐解いていくとただの浮気です。

いくら本人達が精神的な繋がりがメインと主張しても、体の関係が一回でもあればそれは浮気に該当してしまいます。

 

特に既婚者でセカンドパートナーを作ろうとしている方は要注意です。

セカンドパートナーを作っていることが配偶者にバレてしまい、裁判を起こされてしまったら完全にあなたの負け。

 

慰謝料を請求されたり離婚に発展したりするので、その辺りはしっかり留意してからセカンドパートナーを作って下さい。

 

お互い了承の上でセカンドパートナーを作ることも

ただ中には恋人同士もしくは配偶者同士でセカンドパートナーを作ることを了承しやってる人達にもいます。

そういった人たちはセカンドパートナーを作ることのメリットを十分に理解していて、こっそり作るよりはお互いをオープンに作った方がより恩恵を受けられると考えているのです。

 

自分以外の相手と付き合うことを容認しあっているので、実際に訴えたりするということも一切ありません。

あくまで家庭内で一番大事なのは配偶者、そして外に出ればセカンドパートナーという恋人もいる…という環境を最大限に楽しんでいるのです。

 

結婚に対する価値観の多様化してきているので、もしかしたらセカンドパートナーを作った上での結婚というのもこれからアリになっていくのかもしれませんね.