婚活方法はどんな種類がある?おすすめの婚活方法は?

結婚したい!婚活しよう!と意気込んだものの「何から始めれば良いか分からない」という人は多いはず。
まずは婚活の種類や特徴を知り、あなたにピッタリの方法を見つけるところから始めましょう。
婚活をスムーズに進めるためには自分に合う方法選びがとても大切。

合わない方法での婚活は、余計なストレスがかかったり、時間やお金の浪費につながってしまうのです
婚活方法には大きく分けて5つの種類があります。
このページではそれぞれの特徴や選び方のポイントをご説明します。

婚活の種類はどのようなものがある?

38b9ab09 7fe1 42d9 9a74 fad9543956eb

婚活の方法1:街コン

街コンとは、街ぐるみで行われる合コンイベントのこと。
通常の合コンは少人数で行われることが多いですが、街コンは数十名から数百名が一度に集まる大型のイベントです。
参加者は同性の2名1組のグループで参加することが多く、決められた飲食店を数件回り、異性グループと交流します。
参加人数の少ない普通の合コンでは、気になる異性がいない場合も席を替えることが出来ません。

「今回はハズレだった」とがっかりしてもメンバーの変更は不可能。
街コンなら気軽に他の席へ移ったりお店を移動できるので、気に入る異性を見つけやすくなります。
たくさんの参加者と出会えるのがポイントです。

基本的にグループに分かれて席に着きますが、お店の中には他のグループの異性も居ます。
遠目にチェックして気になる人がいたら、席やお店を移動するタイミングで声をかけることも出来ますよ。

街コンのメリット

同性の友達1人を誘って参加料さえ払えば、あとは当日現地へ行くだけ。
婚活パーティーやお見合いに比べると気楽に異性との交流を楽しめます。

参加するための職種の制限もほとんど無いので、いろいろな業種の人から面白い話しを聞くこともできますよ。
街コンではその地域指定の飲食店を回るので、その街のご当地グルメも楽しめます。

街コンのデメリット

気軽に参加できるので、結婚にあまり真剣ではない参加者も居ます。
軽い気持ちで異性と出会いたい、交友関係を広げたいだけという人も。
あなたが理想の相手像をしっかり持っている場合は、空振りになる可能性が高いでしょう。

こんな人におすすめ

  • いろいろなタイプの異性と会話してみたい
  • 美味しいグルメを楽しみたい
  • 異性の友達も増やしたい

婚活の方法2:婚活アプリ

07d6c920 13e3 4f1e 8125 4e8338245b55

スマホ一台でいつでもどこでも婚活できる「婚活アプリ」。
プロフィールを登録し、気になる人を見つけたらネット上でやりとり出来ます。ふたりの気が合えば平日にメッセージ交換をして週末のデートにつながることも。

年齢や職業などお相手の条件を絞って検索できるので、たくさんの異性の中から理想の人に出会える可能性が高いです。
プロフィール画像はもちろんスマホ撮影でOK。堅苦しいお見合い写真を撮る必要もありません。
月額3000円から5000円程度の利用料がかかるアプリがほとんどですが、参加のハードルは低くカジュアルに利用できます。

婚活アプリのメリット

婚活アプリのメリットは何と言ってもその手軽さ。
忙しくて婚活パーティーなどにあまり参加できなくても、場所や時間を気にせず自分のペースで婚活できます。
職業や年齢だけでなく趣味や年収でも検索できるので、あなたの条件にマッチした人を効率よく探せます。

婚活アプリのデメリット

登録が簡単なので、遊び目的の人も紛れています。
中には既婚者や恋人が居るのにパートナーを探している人も。メッセージのやりとりで「すぐに会いましょう」「会って癒やされたいです」などと言う人には要注意です。

条件にはピッタリだけれど、いざ付き合い始めたら既婚者だった!バツイチを隠していた!なんてことも考えられます。
情報を鵜呑みにせず相手を見極めることが大切ですね。

こんな人におすすめ

  • 忙しくてなかなか婚活する時間がとれない
  • 希望の条件に当てはまる人を効率よく探したい

婚活の方法3:婚活パーティー

20人から30人程度の男女がひとつの会場に集まり、直接会話しながら交際相手を見つける婚活パーティー。
異性と実際に会って話せるので、お相手の印象をしっかり把握することが出来ます。

会話のテンポが合うかどうか、雰囲気は好みかどうかは交際相手を選ぶ時に大事にしたいところですよね。
異性の参加者全員と順番に会話を楽しめるものや、気になる参加者に自由に話しかけられるものなど、様々な形式があります。
参加するには本人確認書類の提出が必要なパーティーも多く、結婚意識の高い人と出会えるのがポイントです。

婚活パーティーのメリット

結婚を意識している参加者が多いので、交際がスタートすればあまり時間をかけずに結婚できることも。
参加年齢や職種の定めがあるパーティーもあるので、希望の条件に叶った相手に出会うチャンスがあります。

婚活パーティーのデメリット

人と話すのが苦手な方にとっては、初対面の人と交流する婚活パーティーは慣れないと難しいかもしれません。
緊張している間に異性にあまり話しかけられないままパーティーが終わってしまう可能性も。
消極的な人をサポートしてくれるサービスもありますが、
パートナーを見つけるためにはやはり積極的に異性に話しかけたり自分をアピールすることが大切なのです。

こんな人におすすめ

  • 実際に会って交際相手を選びたい
  • 結婚を真剣に考えている異性と出会える
  • 普通に生活していては出会えない沢山の異性と知り合える

婚活の方法4:結婚相談所

結婚相談所は仲人やカウンセラーなど、プロのサポートを受けながら交際相手を探せるサービスです。
あなたにピッタリなお相手選びからお見合いから交際まで、幅広いサポートを得られます。

お見合いの時の服装選びやお相手との会話の内容など、細かいところまでスタッフにお世話してもらえる仲介型と、希望条件に合う相性の良さそうな異性を紹介してもらえるデータマッチング型のサービスがあります。

入会金と登録料だけで約10万円以上、と他の婚活方法よりはるかに費用はかかりますが、本気で結婚したい人が集まっているのも大きな特徴です。

結婚相談所のメリット

プロのアドバイスがもらえるので自信がなくても安心して婚活できます。
自分で相手を選ぶのが怖いという人も、プロの視点で相性の合う相手を勧めてもらえるのが良いですね。
また登録には本人確認書類や独身証明書、年収の証明などの提出が必要なので、はじめから信頼できる相手を探せます。

結婚相談所のデメリット

初期費用だけでも約10万円程度、月額料金が1~2万円程度かかるので、じっくり時間をかけて相手を選びたいという人には不向きです。

仲介スタッフから「早くお相手を決めなさい!」というプレッシャーを受けることもあります。

こんな人におすすめ

  • 真剣に結婚を考えている人と出会いたい
  • 婚活のプロのアドバイスをもらいたい
  • 消極的で奥手な人

婚活の方法5:知人の紹介(合コン含む)

あなたの性格や趣味を理解してくれている人には、相性の合う人を紹介してもらえる可能性が高いです。
素性の分からない人と知り合うのは不安だという人も、知り合いからの紹介なら比較的信頼できますよね。
相手を気に入った場合、婚活パーティーなどと違って同性のライバルが居ないので、比較的簡単にお付き合いに発展するケースも多いです。
ただし紹介してもらえる人数にはどうしても限界がありますし、歳を重ねるほど紹介人数は減っていきます。

知人の紹介のメリット

自分から行動しなくても、自分に合った人を紹介してもらえます。
既婚者や遊び半分の人ではなく、比較的信頼できる人と出会えます。

知人の紹介のデメリット

結婚相談所で出会った人なら間違いなく結婚を希望していますが、知人の紹介では結婚への意欲が低いケースも多々あります。
周りがお膳立てしただけで、交際には発展したけれど本人に結婚願望は無かったなんてことも。
お見合いの時点で相手の結婚する意思を確認しておいたほうが良いですね。

こんな人におすすめ

  • 自分で交際相手を選ぶのが不安
  • 友人が多い人

まとめ

いかがでしたか?婚活と言っても色々な方法とそれぞれのメリットがあるのです。
まずはあなたに合う方法を選ぶことが、幸せな結婚への第一歩ですよ。