> 恋愛 > 同性愛 > レズビアン・同性愛者がパート…

レズビアン・同性愛者がパートナーを見つける方法

女同士
 
レズビアン(同性愛者)がストレート(異性愛者)の女性を好きになっても、叶う見込みは薄いです。そこで、同じレズビアン同士で相手を探すようになります。今回は、レズビアンが相手を探すための方法を紹介します。

バーやイベントで探す

最もメジャーな方法が、レズビアンを対象にしたイベントに参加したり、レズビアンが集まるバーへ出向いて探す方法です。そこに来ているのは同じレズビアンなため、同性愛を理由に断られることはありません。
 
レズビアンバーなどで検索をすれば、各地のバーが見つかります。イベントはそういったバーなどが主催していることが多いので、まずはバーを探しましょう。バーの多くは新宿二丁目にあり、またレズビアンバーだけでなく、ゲイの男性も訪れるミックスバーなんていうバーもあります。

友人の紹介で探す

バーなどでレズビアンの友人ができたら、その人に紹介してもらうというのもアリです。普段からバーに通い、イベントに参加している人は、それなりに交友関係も広く、同じレズビアンやバイセクシャルの女性の知り合いが多いのです。そういった友人の見立てで相性の良さそうな人を紹介してもらうのは、うまくいく確率も高いのでおすすめです。
 
また、間違っても元々のストレートの友人に紹介してもらわないようにしてくださいね。たとえカミングアウトしていたとしても、その友人に同性愛者の女友達が複数いるというのは、相当稀なケースです。

インターネットを利用する

最後に、新宿二丁目から遠い場所に住んでいて、近所にバーなんてない!という人や、怖くてバーにいけない人にオススメなのがインターネットを利用した相手探しです。
 
同性愛者向けの出会い専用掲示板などがあり、そういったところでコンタクトをとった相手と実際に会ってみて、という方法があります。ただし、身元がしれない人と会うのは危険も伴うので、くれぐれも相手が信用できる人か見極めてから会いましょう。
 
また、同性愛者専用のSNSを利用するのもオススメです。ネット恋愛からスタートするケースも多々ありますし、いきなり会ってみるよりもある程度安全なのが特徴です。もしかしたら同性愛者かも、と気づいたばかりの人も、最初のスタート地点はSNSなどネット上で相手を探してみる、というのがお手軽でよいかもしれません。