> 恋愛 > 倦怠期 > 好きになったのは別の人・・・…

好きになったのは別の人・・・彼氏がいるのに目移りした時に

カレを無視して携帯をいじる女性

 

人の心なんて非常に移ろいやすいもの。隣の芝生は青いし、女心は秋の空です。とは言っても、きちんとお付き合いしている彼氏がいるというのに、他の人を好きになるのは辛いことです。彼が良い人だったり、結婚前提とかだったら尚の事。自分を責めるだけでは解決しないこんな時、どうやって解決していますか?

心変わりは必然であり必要?

彼氏がいるのに他の人が気になる、好きになったなんてことは、辛いかもしれませんが、非常によくあることです。周りにいる長い付き合いのカップルのどちらかにこっそりお酒でも飲ませて、聞いてみれば分かります。

 

きっとほとんどの人が何らかの気まぐれを起こしたり、起こしかけた経験があるのではないでしょうか。人は長く一つの事物や人間に関係していると、「慣れ」と「飽き」を生み出します。複雑に絡み合った二つの状態を行ったり来たりして、上手くすると「落ち着くわ。」となります。

 

心変わりはこんな「慣れ」と「飽き」が来た時に、一緒に登場しがちです。そしてこのどれもが、なかなか私たちの心から立ち去ってはくれません。

 

ですが、この心変わり、私たちの成長の証であり、きっかけにもなる大切な要素です。成長するからこそ、今までのものがつまらなく感じたり、新しい体験を求めたくなるのです。

 

だって、いつまでもひらがなの絵本を読み続けていないでしょう?嫌いだったピーマンも食べられるようになったでしょう?食べ物の嗜好と同じにしないで!という気も分かりますが、人を好きになるのだって嗜好みたいなものじゃないですか。

心変わりのタイプを見抜け!

もちろん、いつまでも心変わりを擁護してたって話は始まりません。まずは自分の心変わりのタイプを分析して、どう対処した方が良いかを判断しましょう。強制はしませんが、なるほどを思ったらより良い選択を冷静にしましょうね。本当に大切なものを失う前に。

彼氏に愛情がなくなるタイプ

心変わりした後に、彼氏のことが愛せなくなった、触られるのも嫌、という人は、スッパリと彼氏と縁を切った方が良さそうです。おそらく、その彼氏、運命の相手(!)ではありません。

 

一人になってから、新しい男性とのことをじっくりと考えましょう。もしかしたら、別れた後で見たら大していい男じゃなかった、と気づくかもしれません。もちろん、それでもいいのです。心変わりというか目移りは、ただの別れのきっかけを作りたかった潜在意識かもしれませんから。

 

私は占い師ではありませんが、おそらく女性は、一度生理的に嫌い、もしくは嫌気が差した相手とは、うまくいきません。男女とも、まだ未知の部分があるうちは、好き嫌いの修正も効くし相手に対して評価が甘めなのですが、長く付き合っていて一度嫌だと感じたら、その評価はだんだんと厳しくなるものです。

 

スパッと切れと言われて、少しでも躊躇する気持ちがある内は、以下のどちらも選べないタイプへどうぞ!

どっちも選べないタイプ

彼にも愛着はあるし、一緒にいて安心できるのだけど、なぜかアノ人も気になる存在・・・。別れることを考えると躊躇するけど、止められないこんな気持ち。これは真面目に考えると、非常に厄介ですが、本能のおもむくままに行動してみれば、とても簡単で楽しいことです。

 

浮気しろ、と言っているわけではありません。ただ、もうちょっと深く関わり合ってみましょう。無理に気持ちを捻じ曲げると体にも悪いです。

 

知りすぎた彼よりも、未知の部分が多い新しい男に惹かれるのは、ある意味仕方ないことです。軽いデートや会話を繰り返して、その人を思う存分知りましょう。久しぶりのドキドキでフェロモンが出てきて、魅力アップにも良さそうです。

 

無理に選べない時は選ばなくていいのです。多分自然に結論は出ます。自然淘汰された結果はいつも正しいものです。

バレなきゃ何をしてもいい!

公言しにくい話題ですが、誰かを傷つける真実なんて要りません。誰かを守る嘘は必要悪です。彼と誰かを比べていても、自分の心の中にひっそりと閉まっておきましょう。

 

人は嘘をつきますが、その反面バラしたいという衝動にも駆られます。心のどこかで罪悪感が騒いで、わざわざバレるような行動を取るのです。

 

嘘はきちんと信念を持ってつくと意外とバレません。心変わりがどうしても止められない時、そして迷いがある時は、迷いが吹っ切れるまでと期間限定で、二人の間を行ったり来たりしましょう。

 

この時の罪悪感も、忘れられない選別のポイントです。どちらに悪いと感じますか?愛と同情は別モンですが、愛情のない所に同情は生まれません。もし罪悪感もなく、めいっぱい楽しめるようなら・・・絶対にバレないよう、お気をつけくださいね。

 

カテゴリ :

倦怠期 浮気・不倫

タグ :