> 恋愛 > アピール方法 > 困ったときの神頼み!幸せを掴…

困ったときの神頼み!幸せを掴むウワサのおまじない

湖面に映る月

 

おまじないって、女性ならきっと一度や二度は試したことがある少女の登竜門のようなもの。麻疹のようにハマって、成長とともにあまりやらなくなったという人もいます。ウソウソ、あんなの気休めだよ、と思いつつも、辛い時、困ったときにおまじないは心の支えとなり、時には信じる者を救ってくれたりします。

恋に効くとウワサのニンジン

昔からニンジンには呪術的な要素や薬としての成分があるとして、魔法のアイテムとして欠かせないアイテムとされている歴史があります。そんなニンジンと月のパワーを合わせた「満月ニンジン」なるものが話題となり、女子の間でひっそりと試されています。

満月ニンジン

満月の夜にニンジンをまるごと一本食べきるという、ちょっと凄みのあるおまじないです。とにかく一本というのがルールのようで、皆さん工夫しながら、苦しみながら、一本食べきっています。ニンジンには、好きな人やライバルの名前などを針などで彫っておきましょう。

 

基本は生のものをヘタも皮もそのままで月光の下、願いを込めて齧るだけ。新月に切り刻んで食べるとライバル撃破、満月には復縁といった願い事のルールを紹介しているものもありますが、特に関係なしに効果が出たという人もいるようです。

 

ニンジンを生ではなく茹でた、料理したというアレンジ派もいます。ポイントは「一本食べる」というところのようです。早速小さいニンジンを探しに行かなきゃ!

月の女神に願いを

ギリシャ神話などを経て、月はアルテミスの化身とされています。月が女性のためのおまじないにいろいろと登場するのもそのためです。アルテミスは、狩猟の女神でもあり、何かを勝ち取りたい時にも効果があるようです。

月を映した(移した)飲み物で

満月の晩に、飲み物をグラスに入れて月にかざしたら、それを一気に飲み干すというおまじないがいくつかあります。

 

ワイングラスにぶどうジュースやワインを入れて、グラスの中のワインに月を映してからそれを飲み干すと願いが叶うそうです。ベランダや庭などで、グラスを月に照らされる位置に置き、上から覗き込むと月が水面に映り(移り)、月のパワーがその液体に宿るといいます。

 

これはお水でやる方法もあるらしく、液体の表面に月の姿が映ればOKです。

信じる者は救われる?中途半端な気持ちは捨てて

こと恋愛というのは、自分の努力や勉強で成果を出したりすることができないものです。前に進んでいるのか、後退しているのかも自分で分かりません。そんな不確かで曖昧なものだからこそ悩みは尽きないのですが、悩み続けていることで魅力が減ってしまうこともあります。

 

占いでもおまじないでも何かに頼りたい時は、頼っていいのです。しかもどうせやるなら、中途半端な気持ちは一切捨て去って、潔く信じるべきです。何のためにやるのですか?幸せのためですよね?幸せを願い追求する気持ちに正直になり、集中させましょう。

 

自然のパワーは、時に人の常識の範疇を打ち破ります。念、気、波動、なんでも構いませんが、人の想いも考えられないような奇跡を呼ぶことがあります。やるからには、信じましょう、おまじないの効き目だけでなく、自分の強い想いも。