> 恋愛 > 悲劇のヒロインになって、上手…

悲劇のヒロインになって、上手に男と別れる方法

悲劇のヒロインになって、上手に男と別れる方法

ほかに好きな人が出来たりして、今の彼氏と別れたい。だけど自分が悪者になるのはイヤだ・・・。
 
そんな風に考えている人は、「彼氏に振られる方法」をマスターしましょう。
 
自分が振られた側なら、悲劇のヒロインです。
次の恋愛も、振られたことを相談する形で気になる人へのアピールが出来るため一石二鳥。
 
上手な男との別れ方を紹介します。
 

絶対に自分からは別れを切り出さない

長期戦にはなりますが、自分からは別れを切り出さないというのが最大のポイントになります。
 
しかし、それでは一向に別れられないのでは?と思いますよね。
そこで工夫したいのが、どうやって相手に別れを切り出させるか、という点です。
 
まず、一番簡単にできるのはメールやLINEなどの連絡を途絶えがちにすること。
 
そして、デートの約束をしないことです。また、女友達と遊びまくって「俺とは遊ぶ暇がないのに他のやつらとは遊びまくってる」という状態にするのもアリ。
 
相手に「なんだかなあ」と思わせることが出来ればそれでOKです。
 

相手の嫉妬心も利用できる

相手が束縛するタイプなら、それを利用して別れることもできます。
 
男友達と2人きりで遊ぶのは責められて当然ですが、男友達を含めて男女のグループで遊ぶ、そしてそれをSNSなどで楽しく報告する、というのが主な手段になります。
 
嫉妬心が強い男性なら、2人きりではなかったとしても「面白くない」というでしょう。
 
そういうことを積み重ねれば、「相手の束縛が強くて困っている」と周囲に洩らしても嘘ではありません。
 
つまり「それは別れても仕方ない」という状況にしてしまうのです。
 

最終手段は口を閉ざすこと

もう1つ、最終手段があります。まず、自分からでもいいので別れを切り出します。
 
彼や周囲に理由を聞かれたら、とにかく無言を貫きます。
 
できれば悲しそうな表情、時には泣きながら「言えない」「聞かないで」と詮索を拒絶します。
 
「他の人を好きになったのか?」というような追求は、すべて黙って首を横に振っておきましょう。
 
とにかく「悲しいからそのことには触れないで」というスタンスを友人には取り続けてください。
聞いてはいけない複雑な事情があるんだ、仕方ないんだ、と勝手に解釈してもらえるでしょう。
 
これらの方法は、自分にダメージを与えずに別れる方法ですが、一度は好きで付き合った相手ですから、あくまで最終手段だと思って出来れば円満に別れてくださいね。

カテゴリ :

恋愛

タグ :