> エッチ > セックステクニック > ベッドで彼を燃え上がらせる!…

ベッドで彼を燃え上がらせる!体力いらずのちょいテク5つ

ベッドで彼を燃え上がらせる!体力いらずのちょいテク5つ
セックス中、彼を興奮させたい!と思っている尽くし型の女性のために、男性がベッドでされたら超興奮する行動・台詞を紹介します。セックス上手になって、彼の身も心も虜にしてしまいましょう。
 

男性が興奮するテクニック

1.耳元でチュパチュパ音をさせる

前戯が有効なのは女性だけではありません。耳周辺が弱く、なめられると興奮する男性は少なくないんです。耳周りのテクニックとしては「息を吹きかける」「愛の言葉をささやく」「耳たぶをなめる」「耳元で息を吸い込む」などがあります。しかし、それ以上に男性が興奮するのは耳元で聞こえる唾液の音。耳を愛撫しながら、唾液の音をわざと耳元で立てると、嘘みたいに興奮してくれます。
 

2.上目遣いでフェラをする

女性から舐めさせて、と言われるだけでも相当興奮する男性が多いようですが、そこに上目遣いを足すと効果抜群です。男性にはベッドに座ってもらって、自分は立てひざの姿勢でフェラをすることで、男性が「自分のものを舐めてる女性を見ることのできる」体勢にします。そこで、彼のものを加えながら上目遣いで目を合わせるのです。また、おいしそうに舐めていると興奮する男性も多いので、いやな顔をせずちょっと笑顔で咥えてあげるのもポイント。
 

3.入れてとおねだりする

前戯中、自分から「欲しい」「入れて」とねだるのも、男性を興奮させます。多くは男性が「入れてもいい?」ときくか、流れで挿入になりますが、そこを敢えて欲しがることで男性のプライドをくすぐるのです。ただ欲しいだけではなく「○○くんが欲しい」というような言い方はよりベター。
 

4.性器をほめるなら「すごい」「かたい」がいい

本番中にかける言葉も大きなウェイトを占めています。挿入した瞬間に「入ってる・・・」「かたいね」「すごい」というような客観的な感想を言うと、男性の支配欲や自尊心を刺激することができます。「大きい」でもいいのですが、人によってはコンプレックスを持っていて「大きくないはず」とかえって冷静になることがあるので、もっとふんわりした「すごい」というような言葉のほうが良いのです。
 

5.感じているときの言葉選びも大事

気持ちがいいときは「気持ちいい」というだけでなく「もうダメ」「無理」「おかしくなる」というような表現をするほうが男性を興奮させます。「気持ちいい」と表現できているうちはまだ余裕があるとみなされるので、最初はそれでもいいですが、盛り上がってきたら「ダメ」「きちゃう」「変になる」などの表現をするほうが興奮してくれます。特に「頭がおかしくなりそう」という言い回しを好む男性はとても多いです。
 

エッチに積極的なほうが喜ぶ男性は多い?

以上、5つのテクニックを紹介しました。どれも積極的にエッチを楽しむ女性でなければハードルが高いかもしれません。しかし、自分が気持ちよくなるためには、相手もできるだけ満足させる必要があります。また、男性は「自分の前だけで」エッチな女性を可愛いと感じる傾向にあるので、恥ずかしがりつつも少しずつ大胆になっていくと、男性は喜んでくれますよ。