> 家庭 > 旦那 > 【体験談】思い込みで結婚して…

【体験談】思い込みで結婚してしまったM子さんの悔やみきれない後悔(3)

アパート
 
前回に続き、いつもダメ男を選んでしまうM子さんの失敗談です。
 
女性なら誰もが憧れるウェディングドレスに身を包み“これから夢のような新婚生活が始まる”そんな期待と喜びでいっぱいでした。
 
この結婚は幸せになるための正しい選択だと信じて疑わなかったM子さんでしたが、理想とは全く違った、耐えるばかりの日々が待っていたのです。
 

変貌した夫

夫となった男性は結婚後、安心からか仕事を怠けるようになりました。以前は朝1番で出勤していた夫が遅刻するようになり、仕事も全て社員任せです。
 
そのうちパチンコや競馬などギャンブルにはまり、会社に顔すら出さなくなります。会社の柱となるはずの社長が常に不在のため、当然のように業績は悪化しました。
 
給与の支払いも遅れがちになり、不信感を抱き始めた社員達の姿は1人ずつ消えていきます。
 
夜になれば接待という名目で高級クラブに通い、毎晩のように朝帰りです。ギャンブルに溺れ、酒に溺れてゆく自分の夫の姿に、M子さんは愕然とします。
 
それでも“いつか目を覚まして、また頑張ってくれるはず”そう信じて、残ってくれている社員や取引先に頭を下げながら、M子さんは必死に会社を支えようとしていました。
 

一瞬で消えた希望

M子さんは子供好きで、早くに結婚した友人達が母親になってゆく姿を、とても羨ましく思っていました。
 
「私も早く子供が欲しい!」結婚前、目をキラキラさせながら両親や友人にそう話していたのですが、その希望も絶たれることとなります。
 
新婚早々、今にも建て壊されそうな4畳半一間の古いアパートで、食べていくのが精一杯の生活です。
 
この状況で子供を産んで育てるなんて無理だろうと諦めかけていたM子さんですが“子供ができたら、また元の夫に戻って仕事も頑張ってくれるかもしれない”そんな期待を持つようになります。
 
昼過ぎに起きてきた、まだ酒臭い夫に「私、あなたの子供が欲しいの」そう思い切って伝えると、返って来た返事は絶望的なものでした。
 
「なに寝ぼけたこと言ってるの?俺に子供がいるの、知っているよね?これ以上、子供なんか欲しくもないよ!」
 
子供が欲しい私の気持ち、結婚前から知っていたくせに……そんなこと、今まで一度も言わなかったくせに……M子さんの頭の中は、真っ白になりました。
 
“これから夢のような新婚生活が始まる”そんな期待と喜びは、入籍した結婚式当日と、翌日出発した3泊の新婚旅行、そのたった5日で失われてしまいます。
 
この先M子さんは全てを失い、地獄のような辛い日々を送ることになるのです。(つづく)

カテゴリ :

旦那 浮気・不倫

タグ :