> 恋愛 > アピール方法 > 合コン必勝マニュアル!ステキ…

合コン必勝マニュアル!ステキ女子のゆとりアピール法

ハートアンドアロウ
合コンは男性との出会いとしては、ありがちの場ですが、意外とここで彼氏をゲットするのは大変なんです。短時間のうちにどうすれば、狙った男性に効果的にアピールできるか、さらに女性同士の無用な戦いを避けるコツも大切です。

合コンでの彼氏ゲットが難しいワケ

合コンでの成功は、男性陣と女性陣の両方から好感をゲットすることにカギがあります。同性である女性はライバルとして抜けがけを許さず、ナチュラルなマウンティングで男性たちの目をそれぞれ自分に向けようと必死です。

 

男性側もまた、お互いに気を遣ったり余裕を見せようとしてポーズを取るあまり、積極的に女性を奪い合おうとしません。さらには、後日に「アノ娘は化粧が濃い。」「スキンシップされちゃった。」などの女性陣の評価で笑い話をすることもあります。

 

女性陣を牽制しつつ、みんなに気配りしたつもりなのに、うまくいかないこと、ありませんか?周囲の同性たちの目に加え、男性陣の品定めと後日の下馬評など全てを上手に渡り歩いた結果、ただの世話役と化していたなんて話もよくあります。

 

合コンでは、戦いすぎてもダメだし、戦闘を全く避けていたら話にならないのです。

合コンで余裕を持つには

熱烈彼氏募集中の人は特にそうですが、気合いが入るのはともかく切羽詰るのはNGです。ガツガツしているのは男女ともに頂けません。余裕を持って楽しむことで、楽しい人だと印象付けることもできるからです。

 

とにかく、自分で楽しむことを目指しましょう。彼氏ゲットはその先の話です。

 

まず、ついガツガツしてしまうのは、連絡先交換という難関を突破するために、誰かに照準を絞ろうとするからです。親しくならないとメアド交換って出来ないように思いがち。でも、それは「誰かから」聞き出そうとするからです。

 

メアド交換は、みんなで仲良く、最初のうちに。これによって奥手な女子にも喜ばれますし、この後誰と親しくなろうと、誰を気に入ろうと、連絡は取り放題です。これでゆっくりと品定めが、いえ、お話が楽しめますね。コツは、明るく「みんなでメアド交換こしようよ!」と言い切ってしまうことです。

お話いっぱい、世話焼きはほどほど

女子によくありがちなのが、料理の「取り分け」です。料理が運ばれると同時に我先にとやり始めますが、アレは大して勝敗に関係ありません。誰もやらないようなら、やっても構いませんが、器用でないと失敗もあるためおすすめはしません。

 

誰かが始めたら、「わあ、上手、私にも頂戴!」と言って女友達を褒めてみましょう。男子から見れば、友達と仲良しで明るい甘えん坊という印象が残ります。さあ、どっちがおトク?

 

気になる人が見つかっても、しばらくは様子見です。みんなと会話を続けて、たまにその人をチラ見しましょう。自分が状況を把握する為でもありますが、相手に気づいてもらうためでもあります。

 

運良く目があったら、軽くグラスを持ち上げて見せたり、小首をかしげる程度の周囲から分かりにくいコンタクトを取ります。もし相手がそれに気づいてくれたなら、そして相手もこちらに興味を持ったなら、必ずリアクションがあります。

 

合コンは一次会が2時間くらい、盛り上がって二次会があればさらに2時間くらい追加です。トイレや会場移動などで必ず自由に動ける隙はあります。

 

気になる人と席が離れていても、焦って無理に近づく必要はありません。この数時間の間に何らかのチャンスを掴めば良いのです。

マウンティングをかわす

女子同士の順位付け、その名もマウンティング。お互いのレベルを測り合い、相手よりも自分が優位に立とうとする行為です。

 

女子会だけでやっている分にはそれほど害はありませんが、決戦の舞台、合コンでされると非常に迷惑です。これをいかに上手くかわせるかは、あなたの度量一つです。

 

運悪くマウンティングを仕掛けられたら、友人に恵まれなかった自分の運命を呪いつつも、彼女の言い分には明るく100パーセント同意してしまいましょう。これが最善の対策です。

 

「この子の部屋って、汚いんだよー!」
「だって片付けが苦手なんだもん!」(ちょっと甘えた感じで)
などと少しオーバーに困った顔をして、上目遣いで気になる彼の方でも見つめてしまいましょう。助けを求めるふうにするのがポイントです。

 

これまで少し親密に話していたのなら、これは災い転じて福となすチャンス!彼はあなたの同志のような気分で、庇いたい気持ちが起こるかも知れないという特典付きです。

 

さあ、戦いは始まったばかりです。どんな困難も味方にするのは、ちょっとした機転と明るい笑顔。オンナの戦いは華麗で優雅に、進むのです。