> 恋愛 > 彼氏への不満 > あんなにラブラブだったのにど…

あんなにラブラブだったのにどうして?マンネリ化を解消する3つのヒント

カップル
(Photo:couple by Wyatt Fisher)
 
「ずっとラブラブでいようね」付き合う時にそう約束したのにマンネリ化してしまうと、騙された気分になりますよね。私は今でも尽くしているしオシャレにも気を遣って頑張っているのに、彼は褒めてもくれなくなった!そんな苛立ちを感じているのなら、彼は頑張るあなたに慣れてしまったのかもしれません。マンネリ化解消のポイントは、この“慣れ”です。これから紹介する3つのヒントを参考に慣れを解消して、あなたの大切さを彼に気付かせましょう!
 

ヒント1.習慣的にやっていた事をやめてみる

付き合いが長くなると彼の家に遊びに行く機会も増え、家の中のことに色々と気が付く様になります。そうすると、トイレットペーパーが無くなりそうだったから買って行こう、靴下が破れていたから買って行ってあげよう、など、つい女性は世話を焼いてしまうものです。初めの頃は「さすが気が利くね」なんて嬉しそうな顔で褒めてくれていても、慣れてしまうとそれが当たり前になってしまいます。当たり前ではないと気付かせるには、そんな習慣をやめてみることです。
 
もしも毎日同じ時間に来ていた野良猫がある日を境に来なくなったら、事故にでも遭ったのかな?と自分の飼い猫でもないのに気になりますよね。この様に、当たり前だったことが当たり前じゃないと気付いたとき、人は不安になるものです。この心理を利用して、習慣的に送っていた「おはよう」のメール、家に行く度に届けていた夕飯のおかず、何か1つでも構いませんから思い切ってやめてみましょう。不安になった彼は、あなたのことを考えずにはいられなくなります。
 

ヒント2.そっけない態度をとる

彼から誘いの連絡がきたとき、いつもの様に「今すぐ行くね」とは言わず、たまには理由をつけて断ってみましょう。それは、呼んだらいつでも来てくれるという慣れをなくすためです。会いたくて仕方なくても、少し我慢してみてください。いつもと違うそっけない態度に、きっと彼は不安な気持ちになります。具合でも悪いのかと、優しい彼なら心配して駆けつけてくれるかもしれません。
 

ヒント3.イメチェン

尽くすタイプの女性は、髪型も洋服も全て彼の好みに合わせることで満足してしまいがちです。彼に合わせるということは、知らない間に自分を抑え付けていることになります。雑誌や街ですれ違う女性を見て“あんな格好したら彼が喜ぶだろうな”と思うのは、あなたの意思ではありません。“あんな格好してみたい!”そう思ったのがあなたの意思です。
あなた好みのファッションを身にまとえば、彼の目にはイメチェンに映るでしょう。そこから、自分に合わせてくれることに慣れていたのだと彼に気付かせるのです。
 
彼が慣れに気付いたとき、あなたの大切さにも気付くはずです。お互いに歩み寄って、前よりもっとラブラブになれると良いですね。
 
 

カテゴリ :

彼氏への不満

タグ :