> 仕事 > お水の世界は華やかに!女の価…

お水の世界は華やかに!女の価値を競う怖い世界

バーカウンターとグラス

水商売って聞くと、なんか怪しいイメージだし、良家の子女である皆さんには無関係かもしれません。でも意外と学生や若いOLさんのアルバイトで人気もある職種なのです。フーゾクまで行っちゃうとかなり敷居は高いけど、キャバクラやパブ、スナックなどは、フツーの若い女性が気楽に楽しんで働いていることもあります。知りたいけど怖そうなお水の世界の秘密に迫ってみましょう。

お酒が飲めてお話するだけ(スナック、バー)

夜の世界は、多くの若い女性達にとっては縁遠い印象ですが、その実態は意外と身近でカジュアルです。大学の同級生や会社の同僚が、アルバイトとして働いていてもおかしくない世界なのです。

 

別にこだわりもなく偏見もなく、お金のために働いている人、なんとなく暇な時間をバイトでもしよっかな?という人、お酒や接客が好きな人など、いろいろな人がいます。

 

スナックやガールズバーといったカウンター席などでお客様と対面式で接客をしたり、お酒や軽食を出す店は、水商売の中でも軽い方。カフェでウェートレスとして常連客と話すのと大差ありません。絡んでくる酔客やお触りを避ければ、ざっくばらんな店も多く自分も楽しめるかもしれません。

 

時給は夜の仕事であるため、もちろんカフェよりも高くなっています。それなりのリスクもなくはないため、深夜のコンビニよりも上の場合が多いでしょう。塾の講師と同程度が世間のおおよその相場です。

売り上げ次第で優雅な暮らし(キャバクラ、クラブ)

キャバクラは、気楽なアルバイトと本気の本業として働く女性が入り混じった店が多くなります。クラブほどの格調はありませんが、接客のプロとしての実力や自信をみなぎらせた人もたくさん働いています。

 

接客は、お客様と同じテーブルに着いて会話で楽しませるのが基本。お酒を作ったり、カラオケ、ゲームなどをしたりと内容も多彩です。

 

多くの慣れた客は気に入った女性を席に呼んだり(指名)、店の外で会った後に一緒に店に入ったり(同伴)と、特定の女性目当てに来店するため、人気次第で時給はどんどん上がります。またバックされる手当も多く、客を連れてきたり指名されたりすると、プラスアルファもあります。

 

稼ぐためには女性も企業努力を惜しみません。お客様と個人的に連絡を取ったり、店以外でデートをしたりと、お店に来てもらえるように働きかけます。また女性同士のライバル意識は高く、従業員同士で客の取り合いをすることも度々です。お金もかかっていますが、女としての格付けのようなものも見え隠れします。

 

クラブはアルバイトで勤められるところとそうでないところで格も客層も違っており、さらに上級の接客とホスピタリティを必要とされます。銀座など廃れつつありますが、それでも才色兼備な女性でなくては勤められない店も多くあります。

ハイリスク、ハイリターン

どんな店でも、水商売は男性を相手にして自分の「女」の魅力で稼ぐため、リスクをはらんでいます。男性から言われるままに店外での誘いを受けて騙されたり、稼ぐはずが同業の男性に貢いでしまったり。水商売とヤ○ザとの関係は薄れてきたものの、夜の街には危険も潜んでいるのです。

 

稼ぐ金額は、確かにスゴイ。実際の仕事内容もお酒が嫌いではキツイけれど、おしゃべりしてお酒を飲んだりするだけという簡単なものです。難なくこなせる人ならば、きっと「これが労働?」と思うはず。

 

魅力もあり、危険もある夜の世界は、闇に包まれた中にありますが、その闇は遠い別世界ではありません。あなたは怖いと思いますか?それとも興味をそそられますか?

カテゴリ :

仕事

タグ :