> 仕事 > アラサーは婚活に焦るべき?女…

アラサーは婚活に焦るべき?女性と結婚の事情

ウェディングドレス姿

結婚しない人が増えて、社会問題(?)にもなりつつあります。特に女性は心無い男性によって独身でいることを、否定されることもあります。ある女性政治家が同じ政治家たちによって結婚していないことについて、公の場で冷やかされましたね。

 

いくら時代が変わっても、どんな立場にある人でも、結婚しない女性はなんとなく肩身の狭い思いで生きていかなくてはいけないのでしょうか。

アラサーで結婚を焦りだす女性たち

30歳前後は現代女性の結婚適齢期と言われており、25歳前後と言われていた時代から比べると晩婚化が進んでいるようです。これをピークに周りの気運も自分のやる気も一段落する傾向にあり、結婚したい女性がピーク時を目安に婚活を頑張るのもこのためです。

 

25歳はクリスマスケーキに例えられ、賞味期限などという女性からしたら失礼な言い方をされたものですが(私の賞味期限は一生よ!と言うより食い物じゃないんだから?)、言い得て妙と言ってよいものか、妥当性も多少はあります。

 

出産と子育て年齢には限界があり、体力面や女性の生理的な問題ゆえに、賞味かどうかはどもかく、ある程度の期限を女性自身も考えています。その期限は、医療の発達などによってアラサーにまで引き上げられているのです。

結婚できない男性とその理由

結婚年齢の引き上げは、女性の方だけではありません。男性も結婚しない人、できない(?)人が増えており、また結婚の時期が遅れる傾向にあります。

 

これは男性の収入減(物価比)や就職難、家族を支える自覚と自信の低下に関係しています。高収入を得ていても、将来の不安があったり家族を作るより自由でいたいという願望で独身貴族を気取る人もいます。

仕事に生きる女性たち

女性の地位の向上によって、男性と肩を並べる人、仕事で高い地位を得る人が増えました。もちろん全ての女性がそうなれるわけではありませんが、女性一人が暮らしていける環境が整ってきています。

 

仕事をして、遊ぶ自由を得て、毎日楽しく充実した生活を送れたら、結婚への憧れも薄くなってもおかしくはないでしょう。またそうした生活をしているうちにチャンスを逃す人もいます。

 

家庭や結婚を安定、幸せと大勢の人が思っていたのは、いつのことでしょう。それはただの幻でしょうか。いまや男性だけでなく女性までもが、結婚や家庭を「安定」ではなく「自由を奪うもの」として捉えていることもあるのです。

自分の旬を見つけて生きる

自分の人生はもちろん、自分のものです。一人で生きようと誰と生きようと勝手にすれば良いでしょう。しかし、長い人生でどんな試練が待っているかはわかりませんし、結婚しないと決めたにせよ、信念は変わりますし、変えてもいいものです。

 

仕事が一段落したり、ふと人恋しくなり結婚を考えることもあります。その時には自分の信念に固執したり、気持ちを無理に曲げてはいけません。

 

人生ではその時々で常に選択を迫られます。今が何をするべきかがはっきりしている人は、その選択に迷いがありません。何を選んだとしても、後悔もあまりせずに進むことができます。

 

結婚の時期、仕事に打ち込みたい時期、これらは人それぞれに違うタイミングで訪れます。いわば自分自身の旬というものです。

 

これを見誤らなければ、結婚するにせよ、仕事にかけるにせよ、自分を最高の状態で売り込むことができるため、成功につながる確率も高くなるのです。

 

自分の旬を見定めるのは、自分自身です。他人と違っていてもいいのです。その時の自分と向き合い、何を本当に欲しているか、一番大事なものは何かを確かめましょう。

 

分岐点でその時欲した道を選ぶことは、その道が今までの信念とは違っていても、幸せになるなら、正しいこと。人生は、するべきことをするよりも、したいことをした方が、幸せなのです。

カテゴリ :

仕事 恋愛

タグ :