> 家庭 > 旦那 > 子作りに協力的じゃない夫にウ…

子作りに協力的じゃない夫にウンザリ!不妊治療中の女性はストレス満載

子宝草
晩婚化が進み、出産を望む女性の平均年齢が高くなってきました。
 
その結果なかなか子供を授かる事ができず、6組中1組の夫婦が不妊の検査や治療を受けています。
 
期待から始めた不妊治療も期間が長くなるにつれ、いつの間にかストレスに変わってしまう事も多い様です。

夫に対するストレス

妻として、治療を頑張っているのに夫が子作りに協力的じゃないとなれば、悲しくなりますよね。
 
排卵は月に1度しかありません。そんなチャンスの日に「今夜は疲れているんだ」「飲みに誘われたから遅くなる」そんな風に言われてしまうと1ヶ月間の治療が全て無駄になり、人の気も知らないで!とウンザリしてします。
 
逆にプレッシャーに弱い男性からすれば、出勤前に「今夜がチャンスなの」などと言われると、脅迫されている様なものです。
 
チャンスを伝えるにしても、直球じゃなく少し柔らかい言葉を選んでみたり、言葉にせず普段とは違う服を着てドキドキさせてみたりと、もっと自然にアピールしてみましょう。
 
せっかく頑張っている治療をムダにしない為には、まず良い夫婦関係を保つ事が大切です。喧嘩ばかりしていては前に進めません。

時間のストレス

早起きをして基礎体温の記録、家から病院までの往復、診察の待ち時間、治療していくには時間を使わなければなりません。
 
その分、仕事や家事に使える時間は減る事になります。時間に追われ、1日が終わる頃にはヘトヘトです。
 
何よりも治療を優先したいのであれば、思い切って仕事を辞める、短時間の仕事に切り替えるなど負担を軽減できる対策を考えましょう。
 
「子供もいないのにどうして仕事しないの?」なんて聞いてくる人も中にはいるでしょうが、聞き流しておけば良いのです。
 
他人に詳しく説明する必要などありません。夫婦の問題は、夫婦にしか分からないのです。

お金のストレス

保険適用外の治療が必要な場合もあります。喧嘩は避けたいですが、お金の問題が出てくる事もあるでしょう。
 
家計に余裕が無いとなれば夫婦共に苦しい状態です。もしもそうなってしまったら、一旦治療を休憩するのも悪くはありません。
 
しばらく時間に追われる生活から解放される事で、リフレッシュにもなるでしょう。
 
不妊治療中は色々な出来事に敏感になり、腹が立つ事も増えると思います。ウォーキングやアロマなど気分転換できるものを積極的に取り入れて、ストレスを溜めこみ過ぎない様にしたいですね。
 

カテゴリ :

旦那 誘い方

タグ :