> 恋愛 > アピール方法 > マジメな話ができない!面白い…

マジメな話ができない!面白い人って言われたい男たち

ビンタされる男性

男性たちのする会話って、常に面白いことを求めている感じで、真面目なのかふざけているのか分からないことがあります。友達とのバカ話、同僚との失敗談、時にはエッチな話も。

 

楽しい人は好きだけど、こっちがマジメな話してるのに!って怒りたくなることもしばしば。片思いの人も彼氏が真面目に考えてくれないと不満な人も、きっとこうすればちょっとだけ、上手くいくかもしれません。

オトコは女性の笑顔がスキ!

男性は本質的に女性の笑顔が大好きです。自分が笑わせてあげるということに最上の喜びを持っています。

 

中には、根っから不真面目でなんにも考えていないような人もいますが、殆どの人は、自分の真面目な部分をひっそりと隠しているのです。

 

相手の女性が不満そうにしていたり悲しんでいる時にも、いえ、だからこそ笑わせようとしておちゃらけてしまう人もいます。女性にしてみれば、こんな時に冗談はやめてよ、となりますが、男性にしてみれば意外と必死だったりします。

 

カッコをつけている場合や照れくさいという人、いざという時のために取っておこうという人もいます。でも、こんな意外と繊細な気持ちを女性には分かって欲しいのです。

つまらない事でも笑ってよ

男性のバカ話は女性には受け入れられないようなこともあります。男性より女性の方が精神年齢が高いという説は、ある意味正しく、ある意味誤解です。男性は考えて考え抜いて女性を楽しませようとしているだけ。その方向性が違うだけなのです。

 

時にはつまらないこともしてしまうけど、「馬鹿ね、でもかわいい」と笑ってくれたらそれだけで充分満足なのです。ただ、バカなことや面白いことをしたい、見せたいという単純で無邪気な部分は確かに子どもに近いように見えますが。

 

 

女性にとっては理解しがたいネタもたまには、笑ってあげましょうね。たまには、ですが。

言いたいことはバカ話の途中にそっと差し込む

馬鹿なことしてても、言っても、その奥底では結構いろいろ考えていたりするのも、男の子。それをいいタイミングで突っついてあげるだけで、ちゃんと分かってくれるから、あまりヤキモキすることはありません。

 

「好きです。」「結婚のこと考えてくれてる?」こんなふうに直球で行きたい時も、ちょっと工夫して伝えると男性の気持ちに響くことがあります。

 

笑い合ってリラックスしている時に、不意にまじめな顔になって一言だけで伝えるのが、上級者。その後はまた元のリラックス状態に自分もすぐに戻るのがポイントです。後で一人になった時、ふとその時の言葉やあなたの真面目な顔を思い出した時に、あれ、まずかったかな?とか、改めてドキドキしたりしてくれるものなのです。