> 健康 > ダイエットの敵?ストレス太り…

ダイエットの敵?ストレス太りはただの言い訳!

山盛りの唐揚げ

最近ストレスが溜まってたからなあ・・・。太った原因についてそんな理由づけして誤魔化したことありませんか?ストレス太りという言い方は当たり前のように使われていますが、そのストレスで食べたのは間違いなく、あなた。ストレスの度に太っていたのでは、現代社会では身がもちません。

 

ストレスとの付き合い方を変え、ダイエットのストレスをも上手に操ってこそ、本当の美しさにつながるのです。

ストレス太りの直接の原因

もちろん、太った原因は物理的なものです。食べたら太る、これは鉄則です。とはいえストレスと「食べる」ことの関係性もないわけではありません。

 

ストレスを感じた脳は、危険信号を出して働くために必要な栄養素を要求します。人の脳を働かせるためには糖質や脂分などたくさんのものを必要とします。

 

脳が働くために必要なものは、エネルギーとなるもので実際の代謝以上に要求され摂取をするとそれらが溜まり、太るというわけです。

ストレスとの付き合い方

ダイエットばかりの問題ではなく、強いストレスは体に不調となって現れることになり、とても危険なものです。美味しいものや甘いものを多少食べることで解消できるのであれば、そうするのも一つの手ではあります。

 

しかし、ストレスが続いて食べ過ぎたり、それによって太りすぎて外に出かける気が失われたりしたら、要注意です。

食べる以外に楽しいことを探す

食べる以外に好きなこと、リラックスできることはありますか?

 

無理したり、ファッションや見た目を気にして、カッコいい趣味を探す必要はありません。探すことやカッコつけることで更なるストレスにもなりかねません。本を読む、テレビを見てバカ笑いする、という気楽なもので充分です。

 

それこそ、部屋でボーっとする、エッチな妄想をするということだっていいのです。別に人に自慢できなくても自分が良ければいいのです。

ダイエットのストレスでリバウンド

ダイエットというのは、とても辛いと考えがちです。そして辛いダイエットをするから、リバウンドを繰り返すのです。辛いダイエットをし続けていても、理想のボディは永遠に手に入りません。

 

人は生命の維持や活動するために、どうしても食べることへの欲求を止めるわけにはいきません。だから食べられないと人は辛いのです。

 

一日1食だけ量を減らす、普段はダイエットメニューだけど週一で美味しいものを食べに行く、など辛くないように適度に自分を甘やかすのです。

 

そして少しでも成果が出たら、それを喜び、自分を褒めてやることが大事です。達成感を脳に与え、ダイエットは楽しいモノだ!と思い込ませるのです。なんかバカバカしいようですが、意外とこれは効果があります。

カテゴリ :

健康

タグ :