> 恋愛 > 彼氏への不満 > 知らなかった婚約者の借金!恋…

知らなかった婚約者の借金!恋とお金のホンネ

降ってくる札に囲まれた男性
 
親しげに寄り添う恋人同士の間でも、お金の話題はなぜかタブー視されていて、長く付き合ってるのに、相手の年収、貯金などについては知らない人が多いようです。
 
貯金ゼロ!というのも、ちょっと堅実さに欠けるようで困りますが、まさかの借金となれば、これは知らなかったで済まされることではありません。
 
少額のキャッシングや奨学金などのやむを得ないものに関しては許せるとしても、結婚を考えていた恋人に多額の借金が発覚したら、どうしますか?

恋にタブーとなるお金の話題

男女限らず、お金の話題はなぜ出しにくいのでしょう。
もちろん、結婚を控えていれば、そんな遠慮はどこかに吹き飛んでしまうこともあるでしょうが、多くのカップルが付き合っている時に相手のお金事情をあまり知ろうとはしていないようです。
 
これは、特に日本の社会が、お金のことを大っぴらに話すことを「品がない」としてきたことの名残で、現代風のライフスタイルを採っている若い世代のカップルにまで、影響を及ぼしているようです。
 
特に共働きだと、結婚しても相手の収入や貯蓄額を知らず、お金の使い道にも干渉しないというカップルが珍しくない(ある調査によると約5割)。
 
家賃と車関係費は夫、食費と被服費は妻、というようなぐあいに支出を分担していて、それぞれの金額は知らせない。
 
なんと、この習慣は結婚してからも続くこともあるということです。この調子でお金の話をしないままでも、今はなんとかなりそうですが、子供が出来た、マイホームを買う、などのライフステージで、妻が働けない、大きなローンを組む、という現実にどう向き合うのでしょうか。

良い借金、悪い借金

借金に関しては、その額も問題ですが、その人の価値観が心配なことも多々あります。
 
やむを得ない借金で、それを細々とでも返済しているのであれば、個人的な好みにも依りますが、健全な精神の持ち主だと考えて、大変ですが、心配はありません。
 
本当に心配なのは、お金を借りることを気楽に考えていて、返済もいい加減な人です。
 
男女限らず、ルーズな人はいます。借入先もクレジット会社や銀行だけでなく、仲の良い友人などからも平気で借金していることもあります。
 
さらに返済が滞ったり、友人からの督促をのらりくらりと躱しているのであれば、もう赤信号です。金銭感覚が鈍っており、借金体質に一歩踏み入れている状態です。
 
聞きにくいことですが、その人のライフスタイルを観察していれば、多少のヒントは感じられるはずです。
 
普通のサラリーマンでは持ち得ない高級品がゴロゴロしていたり、遊興費がやたら潤沢だったり。
 
また、もしかしたら恋人であるあなたにまで借金のお願いが来るかもしれません。
 
逆に派手な使い方を誇示するような奔放っぷりを見せつけている場合にも注意が必要です。
 
お金に執着があり、自分を常に飾るタイプは分不相応な出費で身を持ち崩す恐れがあります。

結婚前に借金の確認を

借金を確認したいのは、実際の返済計画が結婚生活にどのように響くのかを計算するためもありますが、一番の理由はその人の価値観やお金に対する感覚が自分とズレていないかを確認することにあります。
 
一緒の財布にするにせよ、しないにせよ、一番そばにいる人が自分の感覚とかけ離れたお金の使い方をしているのは、精神衛生上よくありません。
 
ましてや、いざとなった時に頼れるハズの人が、貯蓄はおろか、借金まみれでフラフラしていたら、どうなることでしょう。
 
何が間違いとは一概に言えませんが、少なくとも相手の借金や金銭感覚に不安や疑問が沸いたら、相手の意図は探っておいて損はありません。
お金の話はしにくいものですが、背に腹は変えられません。どうしてもできなければ、相手をよく見て察するのです。

カテゴリ :

彼氏への不満 恋愛

タグ :