> 友人関係 > よせばいいのに?恋愛相談にア…

よせばいいのに?恋愛相談にアドバイスは不要!

泣く女性
傍から見れば、バカな女だなって思う女友達いませんか。辛い恋愛にのめり込んで、いちいち夜更けに電話やメールで「どうすればいい?」の相談の嵐。かと思ったら、次の日にはノロケと仲直りの報告で、聞いている方の身がもちません。
 
恋愛相談は、きっと女性ならば定番の話題で、嫌いな人は少ないものですが、相談される側となるとついついチクリとやりたいことってありますよね。

恋愛相談する心理

多くの女性は恋愛系の話題が大好きです。ファッションも美味しいお店も興味はもちろんあるけど、こと恋愛に関しては若い女性にとって、欠かせないアドレナリンのもと。恋愛相談が好きなのは、話していると自分が主役となって世界が回っているような気分で、つまらないエピソードも全て物語のヒロインの試練のように感じられるからなのです。
 
聞くほうは他人ごとですし、それが刺激的であればあるほど面白いもので、擬似恋愛の気持ちで、つい下世話な部分まで掘り下げてしまったりします。

迷惑な恋愛相談

情熱的だったり、山あり谷ありの恋愛話は、盛り上がるし、聞いている方もそれなりに楽しめますが、それが退屈なデートの報告だったり、同じような話の繰り返しでは、ちっとも面白くありません。いくら山あり谷ありでも、同じこと。同じ山ばかり見せられては、飽きてきます。そこでつい、口出しをしたくなるものです。
 

  • 「突き放してみたらいいんじゃない?」
  • 「ちょっと距離おいてみたら?」
  • 「あまり相性良くないんじゃないかな?」

 
一度くらい、女友達の相談でこんなセリフを使ったこと、ありませんか?そしてそんな場合に、こう返ってきたら要注意です。「そんなことない!私たち愛し合っているんだから!」

恋愛相談へのアドバイス

恋愛相談にアドバイスをしたら、逆になぜか反撃された、そういうことはよくあります。彼女たちは、ただ話すこと、聞いてもらうことが願いなのですね。で、あわよくば優しくなぐさめてもらいたいだけなのです。聞かされている方は彼女のことを親身に考えて、または若干うんざりして、アドバイスをするのですが、逆効果になってしまいます。
 
また、女性は特に話したい生き物なので、アドバイスをしている側も、自分の欲求を満たそうとしているだけのこともよくあります。お互いの気持ちは女性同士でもうまく伝わらないのですから、男女の恋愛の悩みが尽きないこともうなずけます。
 
大切な友達だからこそ、言いたくなるものですが、まずは相手の話を聞いてやることだけに留めておきましょう。「どうすればいい?」と聞かれても、反対に「どうしたいの?」と返してやるのです。結局は、恋愛の結論は自分で出すしかないし、ダメになったとしても、また同じように話を聞いてやるしかできないのですから。

カテゴリ :

友人関係

タグ :