> 恋愛 > アピール方法 > ライバルが多くても諦めない!…

ライバルが多くても諦めない!片思い中のあの人と憧れの職場恋愛がしたい

女性の手
 
仕事のできる男性って、カッコイイですよね。ただの憧れから、いつの間にか“好き”に変わっている事もあります。気持ちを伝えたいけれど、もしも振られてしまったら気まずい関係になりそうで怖い…。それなら相手から「好き」って言ってもらえる様に、ほんの少し頑張ってみませんか。

男性は、こんな姿にキュンとしている!

自分をアピールしたい時に注意したいのは、女の武器を使い過ぎない事です。色気を出せばいいんじゃないの?と思った人は、要注意ですよ。胸元が見えそうな服・短いスカート・気合を入れ過ぎたメイクなど、効果的なアピールだと思いがちですが、実は逆効果だったりします。見た目ばかりに力を入れていると“男遊びが激しそう”なんて悪いイメージを与えてしまうかもしれません。恋の場所である前に、職場であるという事を忘れないでください。

好きになってほしいのなら、失敗しても、上司に怒られたとしても、懸命に仕事に取り組んでみましょう。そんな姿に男性はキュンとします。なぜなら“こんなに懸命に支えてくれる人が側にいてくれたら、幸せだろうな”と本能的に感じるからです。女の武器を使うよりも、確実なアピールになります。

距離が近づくチャンスタイム

好きな人に近付きたくても、職場では上司や同僚、色々な人の目が気になります。誰にも怪しまれる事なく近付ける最大のチャンスといえば、まさに残業時間です。好きな人が残業している時、仕事がなくても残業すれば近付けるきっかけになります。
 
「お互いに大変ですね。」「私はもう終わりましたけど、何かお手伝いできる事はありませんか。」など、同じ作業をしていなくても会話のチャンスが増えるのです。残業をきっかけに、仕事以外の会話もできるかもしれません。

過剰なアピールはNG

「差し入れしようと思って、お菓子作ってきちゃいました。」なんていう、“私って家庭的な女です”アピールには注意が必要です。手作りという物に抵抗を感じる人も、少なくはありません。表面的には嬉しそうにしていても、実は不快に感じている人も中にはいるのです。時々なら良いかもしれませんが、度が過ぎると自分で自分の評判を下げてしまう事になります。
 
職場環境にもよりますが、手作りの物を渡したいのなら、バレンタインなど特別な日だけにしておくのが無難でしょう。

大人の恋は、もどかしくても焦せり過ぎない事です。色っぽい洋服も、手作りの料理も、デートできる日まで取っておきたいですね。