> 恋愛 > セックスフレンド > セフレと長続きする為のテクニ…

セフレと長続きする為のテクニック

shutterstock_64437904

女性でもセックスがしたくなる時ってありますよね?
彼氏は居ないけどセックスがしたいって時にセフレがいると、何かと都合がいいと思いませんか?
 
何とかセフレをゲットして、身体の付き合いを初めて見たものの、不安定な関係なので数回で終わってしまうなんて話もよく聞きます。
 
今回はセフレとの関係を少しでも長続きさせるためのテクニックを紹介します。
セフレでも構わないという男性は少数なので、希少種な彼らを逃さないようにしましょう。
 

何気ないメールは送らない

セフレとは、セックスをするためだけの関係ですので、関係を深める意味はありません。
お互いにとって都合のいい存在なのですから、仲良くなる必要はありません。
 
ですので、男友達と連絡をするように、「今日○○行ってきたんだー」というような、雑談系の内容を送らないようにしましょう。
 
相手も身体の関係を望んでいるから、セフレとして成り立つのであって、男友達や彼氏に望むような頼もしさを求めていると「面倒くさい女」と思われてしまいます。
 
セフレは冷たくあしらって、したい時だけ連絡をするようにした方が長続きするでしょう。
 

お返しはセックスで返す

セフレという関係でも、会ってそのままホテルというのは少なく、食事や飲酒をした後にベッドインというパターンが多いかと思います。
 
身体だけの後腐れない関係とは言え、彼からして貰っていることに対してお礼をしたくなったとしても、セックスでお返ししましょう。
 
というのも、食事をおごって貰ったとしてもお金を返すのは、相手のプライド的にも問題ありますし、食事を奢るからヤレるという風な図式が彼の中にあった場合、お金を返されたらそれは彼女と同じになってしまうのです。
 
ですから、感謝の気持ちは身体を重ねている内に返しましょう。
例えば、とびっきり尽くしてみたり、マッサージをしてあげたり、気の利く女性を演じてみたりと、彼が過ごしやすい空間を用意してあげるだけで、「また抱きたい」と思うはずです。
 

カテゴリ :

セックスフレンド 恋愛

タグ :