> エッチ > セックステクニック > 経験豊富だからこそ振り返って…

経験豊富だからこそ振り返って欲しいベッドマナー

shutterstock_38625967

エッチをすることが大好きで、彼と身体を重ねて幸福感だけでなく、テクニックも培ってきたハズ。
 
相手を喜ばせたい、感じて欲しいと考えて積極的に取り組んできたお蔭で、相性も関係も良好。
 
こうなってきた時に今一度振り返って欲しいコラムです。
何事も基本が重要と言われているようにベッドマナーも基本をおろそかにしてしまうと「軽い女」と見られてしまいますよ!

派手な下着は常用しない

本来勝負下着というのは、ここぞという時に着用すると言われていますが、それを頻繁に使ってしまうと新鮮さが無くなってしまいます。
 
初めて派手な下着を見た時の彼の反応を思い出してください。
それは普段見ることのないモノが見れるということだけでなく、大胆になっている、なってくれているという事から興奮していたのです。
 
いつも大胆にしていたらその光景にも慣れてしまい感動も興奮も薄れてしまいます。
 
「どんな下着がいい?」と尋ねて、おねだりを誘導してみたり、「新しく買ってみたの」と披露してみたりと、エッチのスパイスの為の下着という事を忘れないでください。

ピロートークもしっかりと

男性には賢者タイムがあり、これは射精後に急激に興奮から覚めてしまう事を指します。
 
この時に、執拗なタッチは禁物ですが、ピロートークは必須です。
よく男性は賢者タイムの時はそっとして欲しい、女性はイチャイチャしたいと言われていますが、実はそっとして欲しくなんかないのです。
 
2人で横になって余韻に浸りながら、幸せな時間を共有することで二人の関係は深まります。
これを勘違いしたままにしてしまうと、「エッチ=作業」というように誤解されたままになってしまいますよ!
 
腕枕をおねだりしてみたり、次はこういうこういう事してみたいと提案をしてみるのはいかがでしょうか?

積極さは程々に

男性に喜んで欲しい、して貰ったからこっちの番、と言わんばかりにオーラルセックスを当たり前のようにしていませんか?
 
男性が喜んでくれるのは間違いないのですが、例え慣れていても慣れていると感じられてしまうのは良くありません。
 
だからといって初心なフリをしろと言っているのではありません。
積極的になるのは自分の心の中だけに留めて置き、彼からの「して欲しい」という言葉を引き出すようにしましょう。
 
こうすれば、「慣れている」という印象ではなく、「テクニックがある」という風に思ってもらえますしこちらのおねだりも通りやすくなるのです。

カテゴリ :

エッチ セックステクニック

タグ :