> 恋愛 > アピール方法 > 好きじゃない人からの上手にア…

好きじゃない人からの上手にアプローチを避ける方法

shutterstock_197090114

恋愛において振られるのは哀しいですが、意外とストレスになるのが、好きじゃない相手に告白された場合。
 
「相手を傷付けずに…」と告白をどう断るかに悩むよりも、告白される前に芽を摘むのが賢い方法。
 

友人・知人で親しい関係である場合

相手が親しい人だと、何度も誘いをかけてくるパターンが多いでしょう。
誘いを断るのは心苦しいかもしれませんが、少しでも思わせぶりな態度をとると相手が勘違いをする可能性があるので注意しましょう。

全く違うタイプだとアピール

相手からアプローチを受けている場合、恋愛系の話題をふられることが多いはず。
そんな時は、彼と違うタイプが理想だとアピールしましょう。
この時、少しでも彼に当てはまる点がないように言う事で、「俺ってタイプじゃないのかな…」と感じさせましょう。
 

アタックをかわしきれない時は第三者を巻き込む

どうしても誘いを断れない…そんな場合は、少々強引でも第三者を巻き込んでしまいましょう。
天然女子を装って「みんなも一緒だと思って誘ってしまいました」といきなり連れていってしまいましょう。
 
2人きりの状況を絶対に作らないことで勘違いされる可能性もグッと減ります。

仕事上で関係がある場合

相手が仕事関係の人の場合、仕事に影響を与えるような断り方は避けるべきです。
仕事上でのお付き合いのみという姿勢に徹するのがポイントです。
 

連絡先は会社のものだけ伝える

連絡先の交換を希望された場合は、会社の名刺だけを渡しましょう。
携帯電話の番号や連絡先を聞かれた場合は、「会社の規定で個人の連絡先は足得られません」とキッパリ言ってしまいましょう。。
 

ビジネスライクを崩さない

仕事上の関係である場合は、そこに得があるならプライベートな仲になりたいと思っています。
こういうタイプにとって効果的なのは、「あくまでも仕事上のお付き合いですよ」という姿勢を崩さないこと。
常に敬語で話す・プライベートなことを聞かれても話さないなどガードを固めておきましょう。

カテゴリ :

アピール方法 恋愛

タグ :