> エッチ > セックステクニック > 料理上手は床上手!?言葉の由…

料理上手は床上手!?言葉の由来を紹介

shutterstock_116613715

料理が得意な人はモテる。
これは女性だけではなく男性にも当てはまり、特に昨今では婚活の場でも注目されています。
 
好きな人を落とすなら「胃袋をつかむべし」というように料理スキルは女性の中でも押し力として占める割合は高いはず。
 
しかし一見なんの関係もなさそうなエッチのテクニック併せて「料理上手は床上手」なんて言葉を聞いたことがあるかもしれません。
 
これは一体なぜなのかを解説します。

床上手とは?

shutterstock_74088469
床上手とは床、つまりエッチが上手い人を指します。
男女共に使える言葉ではありますが、どちらかというと女性のことを指す場合が多いでしょう。
 
そもそもなぜ「料理上手は…」なんて言葉が生まれたのでしょうか?
 

言葉の由来

この言葉が生まれた理由として、料理を振る舞うの気遣いとエッチをするときに行う気遣いが似ているのではないか?という考えから来たのです。
 
食事は1人で食べるだけなら好きなように作れますが、振る舞う相手がいるとなると相手の好みや好きな食材を考えて、お腹の好き具合を考えた量だったり食べ合わせや彩り等々…気付くことがあると思います。
 
すごくお腹が空いているのに下ごしらえで何時間もかかるような料理を作る人は料理は上手くても料理上手とはいいませんよね?
 
エッチに関しても、相手があっての行為ですので「料理を振る舞う」という事と共通点があります。
 
そして相手に喜んでもらう為には、相手を観察しなくてはなりません。
何をして欲しいのか、どこが気持ちいいのか、どこが苦手なのかと、これを全てわかって初めて床上手と呼ばれるわけです。
 
そのエッチの時に必要な観察力と料理上手がしている観察力が共通している為「料理上手は床上手」という言葉が生まれたんだと思います。

実際にはどうか?

これは「気にしたことがない」という人が殆どでしょう。
 
料理上手だからエッチ上手いと盲目的に判断することではありませんし、身体の相性という問題もあります。
 
いかしこんな声もあります。
「相手のことを思って料理を振る舞ってくれる子は、経験則としてエッチに関しても頑張ってくれる」
 
上手い、下手は置いておいて、その気持ちが嬉しいという^用に、一概にも料理上手は床上手とは言えませんが、「イイ女」であることには間違いないでしょう・

カテゴリ :

エッチ セックステクニック

タグ :