> 恋愛 > 社交辞令に踊らされないで!実…

社交辞令に踊らされないで!実は褒められていない言葉

shutterstock_201694208

褒められて悪い気分になる人は少ないですが、それが上辺だけの言葉だと分かるとそうではない筈。
「ほめておけばいい」といって安易に軽い言葉を紡ぐのは危険でしょう。
 
むしろ軽い言葉は自分の評価をマイナスにすることを知っておきましょう。
今回は女性が言われる社交辞令的褒め言葉を紹介します。

可愛いね

出会い頭にこの言葉を言われても、男性としては挨拶代りのようなものでこれぽっちも気持ちは入っていません。
これを繰り返すような男性は軽い男認定間違いなしでしょう。
 
他にも、身に着けているものを指しては「それいいね。どこで買ったの?」など、その後の返答次第ではデートに誘う気マンマンの褒め方も女性としてはナシです。
 
そういった男性は見た目が気に入っているだけで、中身が自分の想像と違っていたら直ぐに去っていくような人なので、関わらない方がいいです。

綺麗な人と話すのが緊張する

本当に女性慣れしていなければこんなセリフは出てきません。
女性のプライドや母性をくすぐるような言葉回しをする人は遊び人認定ですね。
 
このような人と関係を発展させると、しつこい男に変貌しがちですので注意しましょう。
 
本当に真面目で、女性慣れしていない人であれば、モジモジしていて話にうまく合わせようとしてアタフタしているものです。

モテそう

持ち上げるつもりでモテそうと言われても、モテてたら合コンなんて参加しない!というのが女性たちの声です。
 
これは女性側もよく使う社交辞令だと思いますので使いどころに注意です。
どこがモテそうかと聞かれて顔以外で答えられますか?
 
何も知らないくせにと反感を買わない為にも、「モテそう」はほぼ初対面の相手には封印しましょう!
 
 

他にもまだまだ社交辞令的褒め言葉は沢山ありますが、紹介しきれないので割愛します。
大事なのは相手の言葉を文面通りに受取れないのが社交辞令で、それを見極める力が必要という事です!

カテゴリ :

恋愛

タグ :