> 恋愛 > セックスフレンド > 男女交際の目的…女性には明か…

男女交際の目的…女性には明かされない男性の本音

shutterstock_197090114

女性が男性と付き合いたいと思うのは、「この人が魅力的」だと感じ、自分の生活に刺激をくれるからだと思いますが、その逆を考えたことはありますか?
 
やはりと言うべきか、男性の男女交際に関する考え方は欲望にまみれているようです。
 
ただそれを表に出さないだけ。
今回はどんな男性も思っているけど、女性に引かれてしまうから絶対に言わない、そんな「本音」を紹介します。

セックスが主目的

どれだけ相手のことを愛していても「愛=SEX」とはならないのが男性です。
 
女性のように身体を求める=愛ではなく、愛とは関係なくただひたすらにやりたいようです。
 
そのため風俗に行くのもやりたいからであって、付き合うのも本質的にはやりたいからなのです。
 
しかしがっかりする必要はありません。
言い換えてしまえば、交際中はセックスが出来ていれば相手からSEXが理由で破局することはありません。
 
これだから男は…なんて思わずに男性のことを理解する努力をしましょう。

下心のない好意は無い

一昔前であればデートで女性にお金を出させるのはあり得ないと言われていましたが、最近では割り勘が増えてきました。
 
しかしそれでも、男性が会計を持つ機会というのは多いはずです。
これは格好つけたいという一面と「やりたい」という下心からくるものです。
 
これはお金も持っている人もそうで、ケチや節約、自分の出費を減らしたいというのではありません。
 
お金をもっている人ほど自分にリターンの可能性のあるモノにしかお金を出さないものですから。
 
男性にお金を出してもらうという事は、下心を察するという事です。
トラブルになりたくない人には恨みを買わない為にも奢ってもらう事は避けましょう。

結婚はしたくない

女性のスペックや容姿に関係なく、男性は基本的にどんな女性とも結婚はしたくないのです。
 
理由としては、潜在的に自分の自由を制限されると思っているようです。
財布を握られ、休日の自由を奪われ、責任を背負わされてと結婚に対するイメージは負のものばかりです。
 
一般的には小遣い月3万円、タバコもお酒も嗜むことが出来ずに、昼食は500円の仕出し弁当、なけなしのお金も家族サービスで消えてしまうというイメージなのでしょう。
 
もし結婚したい相手がいるのなら、結婚をゴールとするのではなく、女性側からもしっかりと結婚生活のイメージを話て共有することで幸せになるための道を作りましょう。

カテゴリ :

セックスフレンド 恋愛

タグ :