> 恋愛 > セックスフレンド > セフレに依存せずセックスを楽…

セフレに依存せずセックスを楽しむための5つの心得

セフレの作り方
あなたがもしセックスフレンドに対して、セックスが好きで遊んでいる女性や、アブノーマルな趣味を持つ欲求不満の女性が作るようなイメージを持っているなら、とてももったいない事です。
 
セックスフレンドも相手を選んで上手に付き合えば、いない時よりも充実した生活を送る事が可能になります。そんな正しいセフレの作り方をご紹介しましょう。

1.相手選びは慎重に

セックスフレンドを見つける時に、一番手軽な方法はネットでの出会いですが、会ってみるまでどんな人かわからないというリスクがあります。
 
できれば遠い知り合いなど、現実のパイプを通じた人から選ぶ方がリスクは少ないでしょう。「前にいた会社の取引先担当の知人」「昔ちょっといいなと思ったけど遊ばれそうだから断った人」くらいの繋がりが丁度いいでしょう。

2.遊び慣れている人を選ぶ

セフレ選びで重要な点として、遊び慣れている余裕のある人を選ぶようにしましょう。
 
真面目で女慣れしていなそうな男性を選んでしまうと、痛い思いをしたり傷ついてしまったりする可能性があります。体の関係を楽しむのがセフレですから、楽しませてくれる男性を選ぶ方がよいですね。

3.色んな事を試してみよう

せっかく割り切ってセックスを楽しむのですから、受け身ばかりではなく、色々なプレイにも積極的にトライしてみましょう。
 
ただし、あまり刺激の強いものを試し過ぎると、普通のセックスで満足できなくなってしまうので注意が必要です。

4.本気で好きになってはいけない

男性と違い、女性は身体の関係を持ってしまうと気持ちが動いてしまい、遊びのつもりで付き合っていたのにいつしか本気になってしまう事があります。
 
いくら男性が「本気になりそう」「僕だけのものにしたい」など甘い言葉を使って口説いてきたとしても、男性は本気で付き合う女性とそうでない女性は意外と冷静に分けています。リップサービスだと考えて本気にしない方が身のためです。

5.恋人ができたら別れること

「バレなければ良い」と思うかもしれませんが、愛する人を騙したり、傷つける恐れのある行為はしない方が良いでしょう。本命の彼氏ができたらきっぱりと別れるけじめをつけましょう。
 
しっかりと自分の中でルールを持ってセフレと遊べるなら、恋人のいない期間に女を怠けることもなく、美容にも良いですよ。

カテゴリ :

セックスフレンド 恋愛

タグ :