> エッチ > セックスレス > そんな事もダメなの?知らない…

そんな事もダメなの?知らないうちに男性をセックスレスに追いやるNG集

セックスレス
ケンカもしないし普段はとても仲良しなのに、なぜかセックスだけが激減してしまうセックスレス。自分が女として見られていないように思えて落ち込んでしまう女性も多く、結婚した夫婦や同棲中のカップルが抱える悩みの上位にランクインしています。
 
そんなセックスレスから抜け出せない女性がやってはいけないNG集をまとめてみました。

1.AVなど、他の方法で処理している事を責めない

それまでは頻繁にあった夜のお誘いがある時期を境に激減した、という場合は、その付近にレスになった原因を特定する出来事があったはずです。
 
男性はセックスに対して実はとてもデリケートで、挿入したけど途中で萎えたり、女性から不満を訴えられたりするとびっくりするほど落ち込んでしまいます。
 
顔には出さなくても内心とても傷ついて、セックスに対して消極的になってしまいますが、性欲は普通にあるのでAVや風俗などで処理をするようになります。
 
一緒に住んでいる女性にとっては「私という生身の女性が側にいるのに…」と屈辱的なことですが、男性側も傷ついています。責めては逆効果ですので、知らないふりをしてあげましょう。

2.女性から迫るのは禁物

最近夜のお誘いがないな、と気づいた時に女性がやりがちな事として、セクシーな下着やコスチュームを身に着けて迫る、というのがありますが、これは本当におすすめしません。
 
リクエストがあったなら別ですが、男性側にしてみれば、うまくセックスをやり遂げられるか自信がない時に、頼んでもいないのに「さあ、楽しませてちょうだい」と思いきりハードルを上げられているようなものなのです。
 
恥ずかしいのを我慢して迫ったうえに断られたのでは、女性も大変みじめな気持ちになるし良い事は何一つありません。セックスに繋がるような、直接的な誘いは控えた方が賢明です。

3.「子作りのため」を強調しない

特に結婚している夫婦で、子供を望んでいる場合のセックスレスは切実です。排卵日や低体温期などを毎日チェックして、やっと「この日だ!」という排卵日を特定したのに、旦那様が協力してくれないと「私一人の力ではどうにもできないのに、なんで協力してくれないの?」と詰め寄りたくもなりますね。
 
男性だって決して子供が欲しくないわけではないでしょうが、受け身の女性と違い、男性が勃起して挿入、射精に至るには興奮する必要があります。
 
機械的に「この日から毎日お願いね」と言われると、デリケートな男性は子作りマシーンとしての役割を受け入れられず、一気に萎えてしまうのです。

4.一緒にお風呂に入らない

意外かもしれませんが、彼氏や旦那様としょっちゅう一緒にお風呂に入ると、あなたの裸に見慣れてしまい、興奮の度合いが低くなってしまいます。
 
一緒にお風呂に入らなくても裸でウロウロしたり、下着姿で寝たりするのもおすすめしません。あなたの裸が男性にとって日常の見慣れた風景になってしまわないように、親しき仲にも礼儀ありで適度に隠すように努めましょう。
 
新鮮さやミステリアスさがないと興奮してくれない男性という生き物はやっかいですね。
 
女性もマンネリを打開するために、恥じらいを忘れてしまったり、現実的過ぎたりしないよう気を付けたいものです。